ウユクリームの効果を検証!ニキビ跡には?ピンクと青(水色)の違いを解説

更新日:

ウユクリーム効果

ウユクリーム(ホワイト ミルククリーム)は3CEの商品で美白効果があると大人気ですね。

 

そんなウユクリームですが、実際の効果はどうなのでしょうか?また、ニキビ跡には効果があるのでしょうか?

 

ウユクリームにはいくつか種類があり、青(水色)のパッケージのものやピンク色のものもあって、何が違うのかわかりずらいところがあります。

そこで、ウユクリームの種類の違いやどれがいいのか、こちらも検証してまとめてみました。

スポンサーリンク
 

ウユクリームの効果について

ウユクリームとは

ウユクリームとは、韓国語で「牛乳クリーム」の意味で、牛乳タンパク質が含まれている白いクリームです。

フタを開けるとほんのりとミルクバニラのような良い香りが漂うクリームで、肌に塗るとスーッと伸びてしっとりします。

 

こちらはウユクリームの生みの親、3CEの公式サイトの情報で、ウユクリームにはこういった効果があるとされています。

3ceウユクリーム 効果

[出典:STYLENANDA]

牛乳タンパク質エキスが50%含まれており、その他にもビタミンEやカカオシードバターが入っていて、美白やしわ改善に効果があるとのことです。

 

そこで、実際にそういった効果があるのか、試してみました。

 

ウユクリームの実際の効果

瞬時にワントーンアップ

ウユクリームを少量手に取って塗ってみると・・・

肌にスーッとクリームが馴染んで、しっとりします。

 

左手だけにウユクリームを塗ってみました。少量でかなり伸びます。

ウユクリーム口コミ

 

塗った瞬間に肌色がワントーンアップしているのが感じられます。表面も細かい肌のしわが目立たず、なめらかに見えます。

 

ですが、持ちはどのくらいなのか、そこも気になりますよね。

 

ウユクリームの持続性 - 持ちはどのくらい?

実際にウユクリームを塗ったまま試してみたところ、私の場合は8時間以上、塗った個所が白くきめ細かく見える状態が続いていました。

 

それほど不自然な白さではなく、ウユクリームを塗っていない他の場所と比べるとキレイだな、というくらいの自然な感じです。

 

ですが、なぜウユクリームはこのように肌の色がワントーンアップするのか、ちょっと不思議ですよね。

その理由は、ウユクリームに含まれている成分「酸化チタン」にあるようです。

 

この酸化チタンというのは白色の顔料で、紫外線散乱剤として多くの日焼け止めに使われている成分です。

ウユクリームは危険か

日焼け止めを塗ると肌が白くなったりますが、この酸化チタンの白色の顔料によるものなんですね。

 

また、この酸化チタンによって肌の表面が覆われ、紫外線が反射させられるため、肌の表面がなめらかにキレイに見えるという効果もあります。

 

この酸化チタンの安全性については、賛否両論あるようです。

酸化チタンが危険なのかどうかについてはこちらの記事で触れていますので、あわせて参考にしてみてください。

 

 

ウユクリームの美白効果についてまとめてみると、酸化チタンの成分により、ウユクリームを塗っている間は肌がワントーンアップしキレイに見える、ということのようです。

 

私の場合、つけて8時間以上は白いままだったので、持ちは結構いいかなと思います。

ただ、クリームは落とせば当然消えてしまいますので、そういう意味での持続性はないようです。

 

でも、外出時などに肌を明るく見せたいという場合は、効果的だと感じます。

 

ウユクリームのニキビ跡への効果

ウユクリームの効果ですが、ニキビ跡も隠せるのでしょうか?

 

上で見て来たように、ウユクリームは塗った瞬間に肌色が白くなり、肌の赤味が抑えられます。

また、しわや若干のデコボコもなめらかに見えるため、ニキビ跡も完全ではないですが、かなりカバーされるという印象です。

 

口コミなどを見ても、それほどひどいニキビ跡でなければ、ウユクリームだけでもキレイにカバーできるという意見が多いですし、かなりの跡の場合、ウユクリームにプラスしてファンデーションなどでカバーすれば、かなり違って見えるようです。

 

さて、そんなウユクリームですが、水色やピンクなどパッケージが色々あって、何が違うのかわかりずらいところがあります。

続いて、ウユクリームの種類について見て行きましょう。

スポンサーリンク
 

ウユクリームの青(水色)とピンクの違い - どっちがいい?

ウユクリームの種類

ウユクリームはいくつかのブランドから出ており、パッケージの色や名称も少しづつ違います。

 

3CE

ウユクリームは、もともとは3CEが出して大ヒットした商品で、パッケージは青(水色)のものです。

ウユクリームといえば3CEのため、ウユクリームはすべて3CEが出しているものだと思われやすいのですが、実は3CEのウユクリームは1種類、この水色のパッケージのみなのです。

 

それ以外のウユクリームは、他の会社のものになります。

ウユクリームの本家本元だけあって、一番人気です。

 

 

ベリサム

ベリサムは韓国のコスメブランドで、White In Whipping Cream(ホワイト イン ホイップクリーム)という名前のウユクリームが出ています。

ピンクのパッケージが特徴で、9種類の天然保湿成分入りです。

こちらも、3CEに次いで人気です。

 

G9SKIN(ベリサム)ホワイト イン 生クリーム
1,620円~

 

 

レッツ・スキン

新大久保 ウユクリーム

ある時、新大久保に行ってみると、3CEのウユクリームっぽいけれど微妙に違う商品を発見しました。

店員さんに聞いてみると、東京・新大久保のコリアンタウンのブランド、Let's skinから出ているWhite Milk Cream(ホワイト ミルククリーム)という商品とのことでした。

 

こちらは青(水色)のパッケージで、3CEのウユクリームのパッケージととても似ており、また韓国コスメの「It's Skin」の名前とも似ており、個人的にはちょっと微妙に感じました。

一応通販にもあったため、こちらに載せておきますが、個人的には3CEのが質が良いため、3CEの方がおすすめです。

⇒ Amazonで詳細を見る
⇒ 楽天で詳細を見る
⇒ YAHOOショッピングで詳細を見る

 

プレティ

ウユクリーム ドン・キホーテ

韓国のコスメブランド、PrretiからはPure White Milk Cream(ピュアホワイト ミルククリーム)が出ています。

パッケージに書かれている文字の色はピンクで、他のブランドのウユクリームのパッケージとはちょっと違い、縦長でチューブ型となっています(ポンプ型のものもあり)。

 

青(水色)とピンクのウユクリーム、どっちがいい?

このように色々なブランドから類似品が出ていますが、どれがいいのでしょうか?

 

上であげた4つのブランドのウユクリームを整理してみます。

 

パッケージ
ブランド(商品名)
青(水色)
3CE(ホワイト ミルククリーム)
Let's skin(ホワイト ミルククリーム)
ピンク
Berrisom(ホワイト イン ホイップクリーム)
Prreti(ピュアホワイト ミルククリーム)

青(水色)のパッケージは3CEと新大久保のブランドLet's skinのもので、ピンクのパッケージはベリサムとPrretiです。

 

この中で特に人気なのは、3CEベリサムのようですが、4つの商品の違いについて簡単に特徴をまとめてみました。

ブランドテキスチャー香り特徴値段
3CEしっとりミルクバニラ少量で肌色が白く見える
持ちが良い
アレルギーテスト済み
2,500円~4,000円程
ベリサムサラサラフローラル系ナチュラルな白さ
しわ改善・天然保湿成分入り
1,500円前後
Let's skinスルスル柑橘系控えめな白さ
低価格
980円~1,500円前後
Prretiしっとりピーチチューブで使いやすい
自然な白さ
白い花のエキス入り
730円~1,300円前後

 

口コミなどを総合して見てみると、それぞれの商品はこんなタイプに向いているようです。

 

3CE

  • しっかり肌を白く見せたい
  • しっとりした質感が欲しい
  • 本家本元の商品を使いたい

 

ベリサム

  • ナチュラルに肌の白さを見せたい
  • サラッとした使い心地がいい
  • ある程度安くウユクリームを使ってみたい

 

Let's skin

  • とにかく低価格でウユクリームを使ってみたい

 

Prreti

  • 衛生面を考えてチューブ型のものを使いたい
  • 低価格でウユクリームを使ってみたい

 

3CEは値段は一番高いですが、その分やはり美白の効果は一番で、持続性も他の商品と比べて長めです。

そのため、良質なものを求めるのであれば3CEのものがおすすめです。

 

 

ベリサムは、3CEに比べると若干トーンアップの効果は低めのようですが、口コミで見ると満足している人も多いようです。

そのため、比較安い値段でナチュラルな白さを求める人におすすめです。

 

G9SKIN(ベリサム)ホワイト イン 生クリーム
1,620円~

 

ウユクリームを一度実際に店舗で試してみたいという方は、3CEの店舗で試すことができますので、お店に行ってみるのもおすすめです。

 

 

まとめ

ウユクリームの効果について、まとめてみました。

 

ウユクリームは塗った瞬間に肌の色が白くなり、ワントーンアップします。そのため、肌の赤味が薄くなり、しわやニキビ跡も目立たずキレイな肌に見えます。

 

美白効果の持続時間は個人個人や環境条件によっても変わってくると思いますが、私の場合は8時間ほどは持続していました。

ただ、クリームを落とすと元の肌の色に戻りますので、そういう意味では効果は一時的なものだと言えます。

 

ウユクリームは3CEのほか、今ではベリサム、新大久保のブランド・Let's skin、そしてPrretiがあり、その中でも特に3CEとベリサムのものが人気です。

 

パッケージの色別では

  • 青(水色):3CEとLet's skin
  • ピンク:ベリサムとPrreti

となっています。

 

どれが良いかは、

  • 質を求める場合 → 3CE
  • 比較的安い値段でナチュラルな白さ → ベリサム
  • とにかく安く試したい → Let's skin
  • 持ち運びでき、安く使いたい → Prreti

といった基準で選んでみると良いでしょう。

 

[執筆者:Ameli|協力:Aerin(運営スタッフ一覧)]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-海外コスメ・ファッション&グルメ, 海外ドラマ&音楽
-, , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2018 All Rights Reserved.