メンズ ・ミニトートバッグ | ハイブランドの人気&おすすめランキング6選!

更新日:

最近メンズにおいても、ハイブランドのミニトートバッグが流行ってきています。

そこで今回の記事では、カバン業界で30年の経験を持つ筆者が、人気のハイブランド・ミニトートバッグの中でもおすすめ6選を厳選し、ランキング形式でご紹介します。

ロン・ハーマン、ラルフ・ローレン、エルメス等の人気ブランドも含まれていますよ。

それでは、まずそもそも何故ミニトートバッグが最近人気になり始めたのか、その人気の秘密から見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

メンズ・ミニトートバッグが売れている理由


出典:楽天

少し前までは大型で、ビジネス用途にも対応できるビッグトートバッグが流行っていました。

容量が多く、なおかつ脇に収まる形状だったため学生、社会人を中心に非常に多くのものが流通しました。

一方で、今注目されてきているのが、ミニトートバッグです。

ミニトートバッグの利点は、少しのものを運ぶ際にビッグトートバッグでは大きすぎ、ポケットだけでは入りきらない際に、ちょっとしたもの、例えば財布、携帯、鍵、定期券、モバイルバッテリーくらいを運ぶのに丁度良いサイズなのです。

学校や仕事には他にも書類やテキストなどを運ぶ必要があり、ミニトートバッグでは容量が足りないため、通勤や通学に際してはカバンのサイズはどうしても大きなものになってしまいます。

ですが、特にオフタイムにビッグトートバッグを持つまでもなく、少しのものを持ち歩くのにはミニトートバッグが便利ですし、またスマートに見えることで流行してきているのです。

 

ですが、そんなミニトートバッグを選ぶには、いくつかのポイントや注意点があります。

 

メンズ・ミニトートバッグを選ぶ際のポイントや注意点について


出典:楽天

ではメンズ・ミニトートバッグを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

 

サイズ

先ずはサイズです。

ミニトートバッグのおすすめのサイズは、B5サイズのノートが横向きに入るくらいのものになります。

 

それだけの容量があれば、普段持ち歩くべき最小限のものは入りきり、しかも大きすぎないサイズになりますので、機能的にも十分ですし、またスマートにも見えるというメリットがあります。

 

持ち手の長さ&立ち上がり

出典:楽天

持ち手の長さですが、単に手提げとして持てるだけの長さがあれば十分ではありますが、可能であれば、肩にかけられるくらいの長さがあるとベターだと言えます。

電車で片手に吊り革、片手にバッグを持っている時に携帯をいじりたい場面があると思います。

そういった時に肩にかけられる長さだと、片手が自由になり、便利です。

 

素材の種類

素材については、シチュエーションや好み、予算によって色々と選択の幅はあります。

特にハイブランドになるほど、皮革のものが多くなってきます。

ですが皮革となると、やはり価格が高くなるのと、手入れが必要になるため、ラフに使いたい方には向いていないと言えます。

 

そういった方には、より一般的な、帆布ナイロンなどの合成繊維のものがおすすめです。

取り回しもよく、場合によっては洗濯できるものもあります。

汚れも拭き取るだけである程度綺麗になる素材も多いので、手入れが面倒だと感じる方に特に適しています。

 

ブランドの種類

また、ミニトートバッグを選ぶのにも気をつけたいのがブランドの種類です。

ミニトートバッグは人気が高まってきているため、無名の商品からハイブランドまで様々な商品が出回っています。

できるだけ安いカバンを買いたいのであれば、ノンブランドの商品の中からできるだけ気に入ったものを探すのが良いのですが、筆者が長年カバン業界の中で感じてきたのが、様々な点から見てもやはりおすすめはハイブランドのものだということです。

 

では続いて、メンズのミニトートバッグの中でもなぜハイブランドのものがおすすめなのか、その理由について見ていきましょう。

スポンサーリンク



 

メンズ・ミニトートバッグでハイブランドがおすすめの理由

ハイブランドをお勧めする理由はいくつかあります。

  • 品質がしっかりしている
  • アフターケアもあり、一度買えば長年使用できる
  • ステータスがあり、オシャレ

 

ハイブランド品のミニトートバッグですと、やはり品質が良くしっかりとした作りであるため、素材や縫製を心配する必要がありません。

もちろんノンブランドでも壊れないものはあるでしょう。

しかしそれはラッキーな場合です。

ですがハイブランドであれば、必ず品質は良いものであるため、保証になるのです。

 

そして、万が一使いながらどこか壊れてしまった場合でも、アフターケアがあります。

普通のカバンですと、修理するにもどこに持っていけばいいか悩むところで、多くの場合、修理に出すよりも買い替えてしまう方が安く済むことも少なくなく、結局は買い替えをする必要が出てくることも珍しくありません。

ですがハイブランドの場合、そのブランドのお店に持って行けば手厚く修理をしてもらえますので、長く使い続けることができ安心です。

 

そしてまた、ステータスももちろん理由の一つになります。

ミニトートバッグの場合、軽い用途であるからこそ、そこに気を使っていることがおしゃれ感を醸し出します。

ブランド名が大々的にプリントされているよりも、見る人が見ればそのブランドであることがわかるくらいのさりげないブランド表現が望ましいです。

それを理解しているブランドであればあるほど、おしゃれ感はアップするでしょう。

 

続いて、そんなミニトートバッグでおすすめの人気ブランドをランキング形式でご紹介していきます。

 

メンズ・ミニトートバッグでおすすめの人気ブランド・ランキング6選

では最近人気のあるメンズ・ミニトートバッグのブランドの中から、特におすすめを6選厳選してご紹介していきます。

1位:ロン・ハーマン

ロン・ハーマンは、様々な素材やデザインのトートバッグを、非常にリーズナブルな価格で提供する今もっとも注目されているブランドです。

デザイン、色使いが可愛い上に、様々な素材、デザインを導入してバリエーションを多くラインを構成しているので、レディースもメンズも非常によく売れており人気です。

かなり品切れが目立っているところもあるのですが、おそらくそれぞれのアイテムの生産量を少なくして、希少価値を高めているからと思われます。

しかもその分、新しい商品がどんどん販売され、ブランドの鮮度を保っているとも言えます。

様々な層におすすめできるブランドです。

 

2位:プラダのナイロントート

プラダのメンズトートバッグ

プラダのナイロントートは様々なサイズのものが、メンズでもレディースでも出ていますので、逆になかなかミニトートバッグに出会うことは少ないかもしれません。

大型のものが今までは非常に使い勝手が良かったので、そういったタイプが確かに多かったと思います。

 

ですが、今は大型が増えると同時に、ミニタイプもラインナップに加わってきています。

写真のものも、それほど多くの数を生産していないと思いますので、出会ったら即買いのアイテムです。

 

3位:ジミー・チューのスタッズトートバッグ

ジミー・チューも最近注目のブランドです。

靴の方が有名ですが、バッグも人気があります。

バッグはどちらかというとユニセックステイストに見えますが、スタッズトートはメンズに位置付けられており、ジミー・チューのブランドを代表するバッグになっています。

 

4位:コーチのミニトートバッグ




コーチは一時、人気に陰りが出ていた時期もありましたが、日本の商社が手を入れてから大きく業績を回復してきています。

グローブレザーが象徴的なコーチでしたが、今はあらゆる素材を活用し、レディース&メンズ共に比較的リーズナブルな価格で提供し、幅広い層に人気が高まっています。

 

5位:エルメスのフール・トゥー


エルメスを知らない方はいないと思いますが、こちらのフール・トゥーは、もう公式ホームページには掲載されていない過去のラインナップになります。

しかし、流行った際は街に溢れたくらいによく売れたシリーズでした。

エルメスのブランドにも関わらず手の出る価格だったせいもあると思います。

あまりに人気で幅広い層に行き渡り過ぎてしまったため、高級といったイメージが薄れてしまい、その後エルメスの定番ではなくなったという噂も聞いたことがあります。

ですがエルメスですので、作りや素材には定評があります。

それに加えて気軽に持てるコットン素材の軽いバッグというところがヒットの理由です。

もちろんユニセックスですが、圧倒的に女性が多く持っていたこともあり、日本では男性が持つことをためらったため、メンズが流行ることはなかったという伝説もあります。

ですが使い勝手やオシャレ感・価格などを考えると、やはり男性にもおすすめの商品です。

6位:ラルフ・ローレン

ラルフ・ローレンは、世界で初めてトートバッグを生み出したブランドとして有名です。

もともとは水を運ぶための用途で作られたバッグなので、素材も縫製も頑丈な、今のトートバッグの原点になるものを発明したブランドです。

安定感のあるブランドですので、持っておいて損はないでしょう。

 

では続いて、こういったハイブランドのトートバッグを買いたくとも、なかなか新品では高くて手が出せないという方も少なくないかと思います。

そんな方のために、ハイブランドの商品を中古で購入するのにおすすめの方法やサイトをご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

ハイブランドの商品を中古で購入する方法&サイト

それでは、上でご紹介してきたようなハイブランドの商品を中古で購入するための方法&サイトをご紹介していきたいと思います。

アマゾンや楽天などでも購入は可能ですが、偽物や類似品を買わされてしまうトラブルも後を絶ちません。

そのため、ハイブランドの扱いに特化したショップの方がより安心のため、そういったお店をいくつか挙げておきます。

 

Vector Park

 

ベクトル・パークは、中古のブランド古着やファッションアイテムを扱うサイトになります。

エルメスからナイキまで非常に幅広くブランドを展開し、アイテムもほとんどのファッションアイテムを網羅しているので、初心者の方には使いやすいサイトだと言えます。

RECLO

 

RECLOは、中古品の委託販売や買取を行うサイトです。

他のサイトと違うのは、委託販売のスタイルも取っているので、単純に買い取ってもらうよりも自由度がある点です。

取り扱いブランドや商品の種類も幅広く扱っているため、探し物がある人には向いているサイトといえます。

また、委託販売で売れなくても、いつでも買い取ってもらえるシステムなので、安心して出品できます。

 

⇒ RECLO(リクロ)

 

ヤフオク

お馴染みのヤフーオークションです。

現在最も知名度のあるオークションサイトですので、ないものを探す方が難しいとも言われています。

それだけ品揃えも豊かで、ブランド品も未使用品からジャンク品まで揃います。

偽物や類似品に注意する必要がありますが、きちんとした業者であれば掘り出し物が見つかることがあります。

また、ヤフオクはオークションサイトですが、即決オンリーのフリマモードもありますので、目的がはっきりしている人には向いているサイトです。

 

メルカリ

メルカリは、スマートフォン用のフリーマーケットアプリになります。

出品も購入もスマホだけで完結するため、非常に手軽なのが支持されている理由だと言えます。

フリーマーケットといってもかなり高額なブランド品も出品されているので、一度検索してみてはいかがでしょうか。

⇒ メルカリ

 

では続いて、ハイブランドを中古ではなく、新品を直接海外から購入して少しでも安く買いたいという方のために、海外から購入するのに役立つおすすめサイトをいくつかご紹介しておきます。

 

ハイブランド商品を直接海外から購入するのにおすすめのサイト

新品のハイブランドを海外から直接取り寄せる方法もあり、近年ではこちらの方法も人気が高まっています。

ハードルが高いように思えますが、下でご紹介するサイトがその仲介役をしてくれますので、普通のオンラインショッピングと変わらずに購入することができます。

YOOX

YOOX.COM(ユークス)

 

YOOXは海外の商品を直接購入することができるサイトです。

特にハイブランドは国によって商品ラインナップを変えていたりするので、日本では発売されていないアイテムを発見することが可能です。

また、日本への入荷数が少なく、品切れになってしまったアイテムも海外ならまだ在庫があったりもします。

そういった人と違うものを身につけたい人には、うってつけのサイトといえます。

 

SSENSE

 

SSENSE も海外から直接購入することができるサイトです。

価格表示が関税や消費税を込みで表示してくれていますので、直感的にいくらかかるのかがわかるようになっており非常に便利です。

他のサイトだと表示価格を鵜呑みにしてしまって、結果的に高い買い物になってしまうようなケースもありますので、とても親切なサイトです。

⇒ 世界各国に無料配送【SSENSE】

 

LUISAVIAROMA

LUISAVIAROMAも日本で展開されていない奇抜なデザインのファッションアイテムを探すのに有効なサイトです。

一度覗いてみて損はないと思います。

⇒ LUISA VIA ROMA

スポンサーリンク

 

まとめ

こうしてみてきたように、ハイブランドのメンズのミニトートバッグはこれからもっと人気が出てくるアイテムだと思われます。

既に最先端の人は革製品も持ち始めているように、オフタイムのお出かけには、今後より多くの人がミニトートバッグを持って出かけるようになるのではないでしょうか。

まだはやり始めたばかりですので、今が買い時です。海外サイトも視野に入れ、ぜひ探してみてください。

中でもロン・ハーマン、エルメス、ラルフ・ローレンは常にランキング上位に入るおすすめブランドですので、この際に検討してみてはいかがでしょうか。

[担当:Vergil|編集:運営事務局]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-海外コスメ・ファッション&グルメ
-, , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2019 All Rights Reserved.