上海空港(虹橋&浦東国際空港)での時間つぶしや乗り継ぎ時の過ごし方!免税店も活用

投稿日:

上海に旅行や出張に行かれる方にとって、上海空港で時間が余っている際、どんな風にして過ごしたら良いのか気になるのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では、上海の空港(浦東国際空港と虹橋空港)での時間のつぶし方過ごし方、空港で買えるお土産免税店、ラウンジ情報など、空港で楽しく過ごすためのポイントをご紹介します。

筆者は3年前から上海に住んでおり、これまでに何度も上海の空港を利用したことがあります。

そういった経験も織り交ぜて解説をしていますので、空港に早く着いてしまったり、乗り継ぎなどで時間がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

上海には国際空港が2ヶ所!空港での過ごし方のポイントは?

上海空港の虹橋空港と浦東国際空港

一口に上海空港とは言っても、上海には国際空港が2ヶ所あります。

浦東国際空港と虹橋空港があり、日本で言うところの、成田空港と羽田空港のようなイメージです。

日本からの国際線が多く乗り入れているのは、浦東国際空港

一方、虹橋空港も日本を含め国際線が乗り入れていますが、便数は多くはありません。

日本から上海へ行く場合には、多くの方が浦東国際空港を利用することになるでしょう。

 

上海の空港で乗り継ぎがあり待ち時間が長い方、また、空港に早く着いてしまった場合にどう過ごせばいいか、初めての空港では迷ってしまいますよね。

上海空港は広く、また中国らしい体験や楽しみ方ができるため、空港で飽きることはないでしょう。

 

例えば、上海の空港ではこんな風に楽しみながら時間を過ごすことができます。

  • 中国ならではのお店をのぞいてみる
  • 各国料理を味わう
  • マッサージやシャワー(ラウンジ)でリフレッシュ
  • 免税店で中国らしいお土産やショッピングを楽しむ

それでは、どんなお店やサービスがあるのか、一緒に見ていきましょう。

なお、今回の記事では、まず日本人利用者が多い上海浦東国際空港からご紹介をし、解説もこちらがより詳しくなっています。

虹橋空港については、上海浦東空港の次にご紹介しています。

スポンサーリンク

上海浦東空港について

上海浦東空港はどんな空港?

 

上海浦東空港は、上海のメイン国際空港とも言える空港で、日本のみならず、各国から多くのエアラインが乗り入れています。

日本からの発着便も浦東空港の方が虹橋空港よりも多く、日本人が多く利用する空港です(虹橋空港は後半でご紹介していきますね)。

上海は、東京からだと約3時間、九州からだと約1時間半で着いてしまいます。

思い立ったら、週末にふらっと遊びに行けてしまうのが、上海なのです。今はLCCも利用でき、更に便利になりました。

 

「浦東」の中国語での読み方は?

上海へ来る前は私は何も知らず、「浦東=うらひがし?」と読んでいました。

「浦東」は、中国語では、Pudong(プードン)と言います。

上海市を流れる黄江河(有名な川です)を挟んで、東側が浦東、西側が浦西(Puxi/プーシー)と呼ばれています。

浦東空港はこの黄江河の東側にあるため、浦東と呼ばれているんですね。

 

浦東国際空港での過ごし方や時間のつぶし方

では、上海浦東空港について、詳しく見ていきましょう。

 

上海空港の入り口

上海空港浦東国際空港の外観

上海市の東に位置し、海岸にも近い浦東空港。市内中心部まではタクシーで40分程です。

外観はこんな感じです。おわかりいただけるでしょうか?

 

そして、空港に到着!

ターミナル1と2があり、今回は2を中心にご紹介していきます。

主に、スターアライアンスに加盟する航空会社が多く乗り入れています。

 

上海の浦東国際空港 バスとタクシ乗り場

 

到着すると、入り口にすぐセキュリティーチェックがあります。

上海浦東国際空港のセキュリティーチェック

日本では、入り口ではチェックしませんが、上海は空港だけでなく地下鉄の入り口でもチェックするんですよ。

 

出発ロビー内のお店やレストラン紹介

そして、セキュリティーチェックが終わると、出発ロビーがあります。

中国で空港が一番込み合うのは何と言っても、旧正月(2月頃)、その次が国慶節(10月)です。

下の写真のロビーの様子は、国慶節が始まる2日前です。まだそれほど混雑はしていませんでした。

上海浦東国際空港のターミナルの様子

通常、国際線を利用する場合には、2時間前のチェックインが必要です。

上海も基本的に2時間前でよいのですが、国慶節(10月初旬)と春節(1月下旬~2月中旬頃、毎年変動します)は大変込み合います。

そのため、そういった混雑する時期には、2時間だとぎりぎりになってしまう可能性が大きく、個人的には3時間あると安心だと思います。

出発ロビーにもいろいろはお店があり、のぞいてみると面白いと思います。

上海浦東国際空港の出発ロビー
↑こちらには、ラーメン屋さんやイタリアンレストラン、そして写真には写っていないのですが、ハラル(イスラム教徒向け)レストランもあります。

 

上海浦東国際空港の漢方お土産

漢方薬のお店です。本場の漢方薬が売られており、お年寄りなどへのお土産として喜ばれますよ。

 

上海浦東国際空港のお土産屋さん・パンダショップ

そしてこちらはパンダグッズのお店です。

やはり中国と言えば、パンダ!ですよね。可愛いパンダグッズが沢山揃っています。

お手頃価格のものも多いので、お土産におすすめですよ。

上海浦東国際空港のお土産屋さん・パンダグッズ

写真上のパンダの箸置きは、1つ25元(約425円)です。

どれも微妙に表情が違うところが面白いと思います。お気に入りの顔を見つけて下さいね!

 

上海空港のお土産・パンダチョコレート

こんなに可愛らしいパンダチョコレートもあります。5個入りで36元(約610円)からあります。

 

そしてレストランについてですが、出発ロビーにもレストランがいくつかあるのですが、日本の成田空港や羽田空港などと比べると、選択肢が少ないかな・・・と個人的には思います。

出発ゲート内にもレストランやお店が多数あるので、そちらを利用するのが良いかもしれません。

 

煙所

喫煙は基本的に、建物の外のみ可能です。別の言い方をすれば、外ならどこでも吸えるというくらい、吸っている人を見かけます。上海では最近喫煙に関するルールが厳しくなり、すべての飲食店で禁煙となりました。(でも外でならどこでも吸えるため、かなりモクモクしている所もあったりします。)

 

出発ゲート内での時間のつぶし方|免税店やお土産、ラウンジなど

入国審査を受け、その後に続く手荷物検査が終わると、出発ゲートです。

ここ1年くらいでお店が充実してきた印象を受けます。

こちらの写真は、出発ゲートの様子です。広々としています。

上海空港の出発ロビー

それでは、どんなお店があるのか、どんなレストランを利用できるのか、一緒に詳しく見ていきましょう。

 

免税店やお土産ショップ

上海浦東国際空港の免税店

こちらは、SHANGHAI TANGです。

香港で設立された、1930年代の上海租界をイメージしたブランドです。

洋服、バッグなどをはじめとして、様々な小物、インテリア用品などが揃っています。

シルク製品も多数あり、とてもお洒落です!お値段もそれなりですが・・・。

もちろん免税価格で購入できるので、街中よりもお得です。この日は一部の商品が60%オフでした!

 

上海空港でのおすすめのお土産さん

こちらはシルク専門店です。

上海市内には、安価なものから高価なものまで、ありとあらゆるシルク製品が売られています。

その中には残念ながら多数偽物が存在していると思われます。

空港内のシルク専門店であれば、このような心配はないですよね!?

以前、上海の空港で、シルクの中国服を購入して問題になった政治家の方がいましたよね・・・。

このお店の前を通るたびに、ここで買ったのかなあ・・・なんて思ってしまいます。

 

上海浦東空港のお土産 中国のお菓子

そして、お菓子を売っている免税店。

お土産にピッタリです。たくさんありすぎて、何を選んでいいか迷ってしまいます。

中国でも人気のポッキーはいかがでしょうか?

グリコが現地生産していて、中国ならではのフレーバーもありますよ。

ウーロン茶味や、上海蟹味・・・どんな味なんでしょうね?

上海空港のお土産 天津甘栗
そして天津甘栗もおすすめです。私もお土産に購入したことがあり、好評でしたよ。

 

上海空港で売っている上海蟹

そして衝撃的なのが、上海蟹です!こんな所で蟹が売られています・・・。

物珍しそうに見ていく人は多いのですが、実際に購入する人はどれくらいいるのでしょうね?

やはり、現地で食べたほうがいいと思うのですが。

ちなみに、上海蟹は日本への持ち込みは禁止されているので、購入しないようにお気をつけくださいね!

 

上海浦東空港の免税店

そして、おなじみの免税店では化粧品も多数あります。

最近リニューアルされ、かなり広くなりました。品揃えも日本に劣らず豊富です。

2018年10月時点では、1元が16円台なので、上海の免税店で購入しても日本と同じくらいの価格レベルです。

数年前は1元が20円近かったので、当時はとても割高感がありました。

免税店ブランド品店は、カルバン・クライン、ラコステ、スワロフスキー、等など。

日本と比べると、あまり充実感はないかもしれませんが、その他にお土産の購入もできます。

 

続いて、上海浦東空港内のカフェやレストランについて見てみましょう。

 

カフェやレストランも充実

浦東空港内には、カフェもいろいろありますよ。最近こちらも新しくなりました。

上海空港のスタバックス 浦東国際空港店
おなじみのスターバックス。いつも混雑しています。

 

上海市内にも多数あり、いつでもどこでもスタバのコーヒーは飲めるのです。

上海浦東空港のコスタコーヒー
こちらはCosta Cofee(コスタコーヒー)です。

 

イギリス発祥のカフェで、こちらも上海市内に多数あります。

どこへ行っても、スタバとコスタコーヒーはあるのが上海なのです。

なかなか美味しいコーヒーと、パンやサンドイッチが食べられるカフェです。

上海のカフェでいつも思うのは(カフェに限らず、レストランもそうですが)とても割高感があるということです。

ちなみにCosta Cofeeでは、アメリカンコーヒーが一番安くて27元(約450円)、カフェラテは31元(約520円)です。街中でも同じ価格です。

スターバックスを含めて、外国人も多く利用するカフェではだいたいこのくらいの価格レベルです。

日本より高く感じますよね。

上海浦東国際空港のカフェ
最近リニューアルされたスペースにできたでHope Kawehというカフェです。

こちらもなかなか雰囲気が良く、外国人も多数利用しているのを見かけます。食事もできます。

 

上海空港での時間つぶし バーガーキング

そしてこちらもおなじみ、バーガーキングです。

上海市内に多数あります。いつも賑わっています。

このフロアはフードコートになっていて、その他にもラーメン屋さん、中華料理店(小籠包などもあります)、イタリアンレストランなどが利用できます。

上海空港の食事ができるフードコート

 

そして、ゆっくりと休みたい方のためにラウンジもご紹介します。

 

 

ラウンジ情報

浦東空港には有料ラウンジがあります。

上でご紹介したフードコートの横に入り口があります。

上海空港のラウンジ

こちらは、スターアライアンスグループのラウンジ入り口です。

ファーストクラス、ビジネスクラス利用の場合や、スターアライアンスのゴールド会員などであれば無料で利用できます。

食事、飲み物、シャワー、WiFiなどのサービスが利用可能です。仮眠室はないようです。

 

マッサージ

最近出発ゲートで発見したのが、マッサージチェアならぬ、マッサージボックス(?)です。

料金は30分で30元(約500円)です。

圧迫感がありそうで、何となく入りにくい雰囲気を感じる人もいるかも知れませんが、旅先だと足腰が疲れるため、こういったサービスがあると意外と助かりますよね。

このマッサージボックスだと、人に見られることもありませんし、一人ゆっくりと休みたい方は、手軽で利用しやすいのではないでしょうか。

上海空港のマッサージボックス

待ち時間を有効利用して、ホテルで一休みしたい方の場合、下でご紹介するトランジットホテルを利用するのもおすすめです。

 

 おすすめのトランジットホテル

乗り継ぎなどで空港に宿泊したい場合には、一番便利なのは浦東空港と直結しているホテル、ダージョンエアポートホテル 上海(Da Zhong Pudong Airport Hotel Shanghai)でしょう。

ターミナル1と2の間にあります。

全館禁煙で、バスタブはなく、シャワーのみになりますが、ひとまず体を休めたい方や仮眠を取りたい方などにはおすすめです。

料金は、1泊10,000円前後からです。

⇒ agodaで詳細を見る

では続いて、上海のもう一つの空港、虹橋空港について簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

 

上海虹橋空港について

上海虹橋空港はどんな空港?

 

虹橋空港は、上海市の西側に位置する国際空港です。

日本からも何便かが運行されていますが、本数はあまり多くはありません。

上海在住の日本人ビジネスマンは、中国国内線で利用することが多いようです。

 

虹橋空港にも、ターミナル1と2があります。

ターミナル2は昨年改修され、1も今年10月15日に全面改修が完了したばかりです。

これは中国初のターミナルビルなのですが、チェックインから搭乗まですべてセルフサービスで手続きができるようになりました。

試してみたくなりますね。

そしてターミナル内がとても広々として、椅子やソファなども多く設置され、ゆったりと時間を過ごせるように快適にリニューアルされました。

 

虹橋空港の読み方は?

中国語で虹橋は、ホンチャオ(Hongqiao)と読みます。

上海市の西部に虹橋というエリアがあり、日本人も多く住むエリアとなっています。

 

虹橋空港にはどんなお店や免税店があるの?

カフェやレストラン

虹橋空港にも、レストランが充実しています。

おなじみのスターバックス、マクドナルド、ケンタッキー・フライド・チキン等のチェーン店をはじめ、他にも欧米人に人気のWagasというカフェレストラン、中華レストラン、和食レストラン、イタリアンレストランなど様々です。

 

免税店

免税店も様々あり、もちろん化粧品も購入できます。

高級ブランド品はターミナル2に多くあります。

トラサルディ、MCM、ジミーチュウ、バーバリー、フェラガモ、エルメス等があります。

ターミナル1には、現在HUGO BOSSがあるくらいです。

 

お土産ショップ

その他、虹橋空港にはお土産を売っているお店など、色々なショップがあります。

漢方薬店や煙草やさん等もありますので、中国らしいお土産を手に入れることができます。

 

ラウンジ

虹橋空港の改修に伴い、ラウンジも新しくなりました。

スペースは広く、ゆったりしたソファ席もあれば、テーブル席もあります。人気があるためかすぐ席は埋まってしまうようです。

食事や飲み物ももちろん提供されます。

シェフが目の前で麺を調理してくれるサービスもあります。

その他、チャーハン、焼きそば、スープ等の提供もあり、アルコール類、コーヒー、ソフトドリンクも提供されています。

スポンサーリンク

まとめ

上海空港(浦東国際空港、虹橋空港)での時間のつぶし方や過ごし方をご紹介してきました。

「上海に用事はないけれど、乗り継ぎで長時間過ごさなければいけない」、「フライトの遅延で長時間待たなければいけない」・・・なんて方に是非参考にしていただければと思います。

お土産を買える免税店や、レストラン・カフェもそれなりに充実しており、退屈することはないと思います。

上海にお越しの際には、是非参考にしてみてくださいね!

 

[担当:Morrisville|編集:運営スタッフ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-海外旅行・スポット, 韓国・台湾・中国
-, , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2018 All Rights Reserved.