台湾WiFiレンタルでおすすめは?必要性と現地事情&当日桃園空港で借りる方法

更新日:

台湾旅行で必要なwi-fiレンタル

短期旅行でも中期旅行でも人気の旅行先・台湾ですが、WiFiレンタルは必要なのでしょうか?

今回の記事では、台湾のWiFi事情をふまえ、おすすめのポケットWiFiレンタルをご紹介しています。

安いWiFiや当日に現地の桃園空港で借りることができるもの、あらかじめ日本でレンタルして行けるものなど、様々なタイプがありますので、どれが良さそうか検討する際に参考にしてみて下さい。

 

台湾でWiFiレンタルは必要?いる場合といらない場合

海外旅行でポケットWiFiが必要なケース

日本では、普通に生活をしながらほとんどの人がWiFiを使っているかと思いますが、海外旅行の際にはWiFiのレンタルが必要かどうか気になりますよね。

特にできるだけ旅費を少なく抑えたい場合、WiFiのレンタル代を浮かすことができれば・・・と考えることもあるかと思います。

海外旅行の際、人によってWiFiのレンタルが必要なケースと不要なケースがありますので、ポイントを簡単にまとめてみます。

海外でWiFiレンタルが必要なケース

  • GoogleMapなどで、現地の地図を検索する必要がある
  • 現地の地下鉄乗換案内をネットで検索したい
  • 現地のお店の情報やイベント情報を調べたい
  • 現地で売っている商品(化粧品やカバン、その他免税品など)をその場で日本の価格と比較したい
  • 友人や知人とLINEなどでメッセージのやり取りをする必要がある
  • LINEやカカオトーク、SKYPEなどで通話をしたい
  • SNSやインスタに旅先できれいな写真を投稿したい
  • オンラインショップでクレジットを使って支払いをする場合

上のようなケースの場合、WiFiが必要となりますので、WiFiをレンタルするのがおすすめです。

ちなみに、私もよく様々な国に旅行に行くのですが、やはりWiFiがあると旅先で時間も労力もかなり節約になるため、必ずWiFiをレンタルするか、またはSIMカードを購入して使っています。

海外でWiFiレンタルが不要なケース

  • 何人かで一緒に行動し、他の人がWiFiを持っている
  • ネットでの調べものは、ホテルなど宿泊先の無料WiFiを使う
  • 街中の無料WiFiサービスを使う
  • 現地事情に詳しい、または現地の人に尋ねていけば何とかなる自信がある
  • LINEやカカオトーク、SKYPE、SNSなどは使わない
  • 予定がすべて組まれているツアーに参加しており、自分で単独行動することはない
  • 無駄な費用はできるだけ使いたくない
  • 現地で電話するとしても、公衆電話でかけられる

このように、団体旅行ですべてスケジュールが決まっている場合や、現地事情に詳しいなど、特に旅先で検索をする必要がない(または少ない)のであれば、WiFiレンタルは必要ないとも言えます。

そのような場合、下でご紹介している街中の無料WiFiなどを使えば十分でしょう。

このように、WiFiが必要かどうかは、海外の旅先で何をしたいかによっても異なって来ます。

 

では、台湾の街中でのWiFi事情はどのようになっているのでしょうか?

具体的に台湾の現地WiFi事情について見ていきましょう。

 

台湾のWiFi現地事情について

台湾の無料WiFiサービス

台湾ではWiFiサービスが割と発達しており、ホテルはもちろんのこと、多くのカフェやお店で無料WiFiを使うことができます。

また、登録すると街中でも使える Taipei Free(台北フリー)や iTaiwan(愛台湾)といった無料WiFiサービスもあります。

台湾空港でもらえるフリーwifi(iTaiwan)

台湾のフリーwifi(iTaiwan)使用方法

ただ、カフェやお店のWiFiですと店内での使用に限られており、街中で使える(はず)の無料WiFiサービスでも、なかなか電波が繋がらないことが少なくありません。

私たちも空港で無料WiFiに登録し使ってみたのですが、空港内ではどこでもスムーズに繋がれるものの、街中では接続できないところも少なくなくありませんでした。

そのため、電波が届くところにあちこちと歩き回る必要があり、「いざWiFiが必要!」というときに限って使えず、実際の使い勝手はあまり良くありませんでした。

 

またこういった無料WiFiの場合、セキュリティの心配があるため、データ管理にも気を使いますし、スマホでのクレジット支払いも不安でなかなかできないところがあります。

そういった意味で、もし最低限のWiFiさえ使えればOKという場合であれば、台湾旅行の場合、何とかお店や街中の無料WiFiでやっていけないことはないと言えます。

 

安心のためにはWiFiレンタルがおすすめ

台湾・桃園空港のwi-fi当日レンタルの様子

ただやはり、街中でネットで何かを調べたい場合やGoogle Mapで行き先を調べたい場合、またはネットでのセキュリティが気になる場合は、WiFiをレンタルするのがおすすめです。

WiFiをレンタルするとその分コストがかかってはしまいますが、現地でやみくもに足を運んで探し回る労力と時間を考えると、結果的には安いと言えます。

そのため、私は「便利・安心代」だと考えて、旅先ではいつもWiFiをレンタルしています。

 

またネットのおかげで時間も節約できるので、その分、他のアクティビティや観光などに回せ、現地でより有意義に時間を使うことができます。

そのため、コスパとしては非常に良いため、より自由度の高い台湾旅行のためには、WiFiをレンタルするのがおすすめです。

 

WiFiレンタルの容量はどのくらいがおすすめ?

WiFiをレンタルするとなると、会社によって様々なプランがあり、料金もまちまちです。

WiFiレンタルの会社の料金表を見てみると、レンタル料金とともに「350MB」とか「500MB」などと書かれていますが、これが一日当たりに使えるデータ容量になります。

大抵の場合、低い容量であればあるほど料金は安くなっています。そのため、コストを節約するためには、できるだけ自分が本当に必要な容量のプランを選ぶのがコツです。

とは言っても、250MBとか500MBとか1Gなど言われても「どのくらいの容量なのかわからない」「自分がどれくらい必要なのかわからない」という方もいるでしょう。

そんな方は、こちらに250MBと500MB、1Gで何が出来るのかを簡単にまとめていますので、こちらを目安に考えてみてください(機種や使用環境によっても変わって来ますので、大体の目安として見てみてください)。

 250MB500MB1G
ウェブサイト閲覧約1000回約2400回約4000回
Google Mapで調べる約67回約135回約270回
メール送信約500通約1000通約2000通
LINEメッセージ約12万5000回約25万回約50万回
LINE無料音声通話約10時間約20時間約40時間
スカイプ音声通話約1時間15分約2時間半約5時間
YouTube(HD/高画質)約2分約4分約8分
Instagram写真投稿約10回約20回約40回

こうして見てみると、容量によってできる内容が結構違っているのがわかりますね。

 

容量を超えるとどうなるの?

プランによって色々な容量に分かれていますが、もし1日の使用量を超えてしまったらどうなるのでしょうか?

大抵の場合、容量を超えた時点で速度制限がかかり、スピードが非常に遅くなります

私も一度経験があるのですが、速度制限がかかると、速度がとても遅くなります。

どれくらい遅いかというと、普通にGoogleで何かを検索するのでも、普段は瞬時(遅くても数秒)で検索結果が表示されるものが、1分以上かかったりしていました。

また、サイトによってはまったく反応せずに開くこともできませんでした。

 

また容量制限のあるプランの場合、会社によっては超過した分、追加で課金されるところもあるため注意が必要です(下でご紹介するおすすめベスト3の会社は追加料金はありませんので、大丈夫です)。

追加で課金されなくとも、容量を超えてしまって速度制限がかかると、実際にはほどんど使えないような状態となってしまいますので、容量を選ぶ時には注意が必要です。

では続いて、そんな台湾で使えるWiFiレンタルでおすすめのものをランキング形式でご紹介していきます。

 

台湾のWiFiレンタルおすすめランキング!

台湾のWiFiをレンタルできる会社は数多くありますが、その中でも、料金やサービス内容、利用しやすさ・口コミなどを総合的に判断し、おすすめの3社をピックアップしてみました。

ちなみに、ゴールデンウイークや年末年始など、旅行シーズンの場合は品薄になってしまうこともありますので、できれば余裕をもって前もって予約しておくのがおすすめです。

 

では、さっそく1位から順に見ていきましょう。

1位:kkday|現地の桃園空港で格安でレンタル

おすすめの理由

  • 一日当たりの料金が安い上に容量無制限
  • 台湾の会社であるものの、日本語対応が可能
  • 当日に現地の桃園空港で受取りできる
  • 台湾の現地で受け取り&返却のため、送料や手数料がかからない

1位としておすすめなのが、台湾の旅行会社・kkdayのWiFiレンタルサービスです。

私自身もkkdayのWiFiやSIMカードはこれまでに様々な国でレンタルまたは購入したことがありますが、どの国でもスムーズで、スピードや容量も申し分なく満足しています。

台湾旅行ではwifiが必要!

また、1日当たりの料金も100台湾元(約360円)と安く、それでいて容量無制限のため、データ使用量を気にすることなく使うことができます。

そしてまた、台湾の会社でありながら日本語対応なのが嬉しいポイントです。

基本的に2日前までにネットで予約をし、当日に現地の桃園空港でレンタルすればOKです(桃園だけでなく、松山空港や高雄の空港でもレンタル可能です)。

台湾の桃園・松山・高雄・空港でw-fi当日レンタル

レンタルの際、デポジットとしてクレジットカードの登録が必要となりますが、レンタル中に特に問題がなければ、デポジットは返却時に返金されますので心配はいりません。

>>> 台湾無制限4GポケットWi-Fiレンタル:桃園 / 松山 / 高雄 各空港受取  100台湾元(約360円)

>>> 台湾4GポケットWiFiレンタル(無制限+速度低下無し):桃園国際空港 受取・返却  51台湾元(約185円)

 

ちなみに、予約なしで当日WiFiをレンタルしたい場合は、WiFiのルーターをレンタルするのではなく、SIMカードを購入するのがおすすめです。

というのも、台湾の空港で予約なしで当日WiFiをレンタルできるサービスは少ない上、一日のレンタル料金も高いためです。

例えば、上でご紹介しているkkdayのWiFiカウンターでも、当日予約なしのレンタルも可能ですが(会社はkkdayではなく、他の業者のものになります)、予約なしで現地で当日レンタルするとなると、一日の料金が188元(約677円)とかなり割高になってしまいます。

また当日レンタルの場合、在庫が無ければレンタルできませんので、旅行者の多い時期などはリスクがあります。

 

そのため、一番良いのは事前に予約をし、WiFiを現地空港で当日レンタルする形なのですが、もし予約をし忘れてしまった場合は、SIMカードがおすすめです。

SIMカードですと、当日の申し込みも可能のため、ギリギリでも購入することができます。

私もたまに台湾でSIMカードを使いますが、料金が安い上にスピードも早く、またテザリングをすれば複数の人とシェアして使えるため、とても便利でこちらもおすすめです。

>>> 中華電信 4GプリペイドSIMカード/ネット使い放題 3日 280台湾元~(約1,008円~)

 

2位:台湾データ|安い&定評ありのレンタルサービス

おすすめの理由

  • 日本の会社の中では料金がダントツで安く、容量無制限
  • 補助バッテリーも1日100円と他社に比べ安い
  • 宅配送料が往復無料(1日レンタルの場合のみ、受取り配送料500円)
  • 多くの日本の会社で必要な、受渡手数料はなし
  • 出発前に、日本で自宅で受け取りができる
  • 日本の空港受取りの場合、申し込みは前日17時まで可能
  • クレジット払いのほか、Amazonアカウントでも支払いが可能

台湾データは、様々な国でWiFiレンタルサービスを提供している会社で、どの国でも価格がリーズナブルな上、サービスもしっかりしているといった点が特徴です。

日本の会社のため安心ですし、日本であらかじめレンタルして行くことができるため、現地で慌てなくて済むのも嬉しいポイントです。

以前、カスタマーサポートにはお世話になったことがありますが、困っていた状況でも素早く親切に対応して下さり、とても助かりました。

料金は1日590円で、容量無制限で使うことができますので、こちらもデータ使用量を気にする必要なく安心して使うことができます。

また、支払いはクレジットカードだけでなく、Amazon Payでアマゾンのアカウントでも支払うこともできますので、クレジットを使いたくない場合にも便利です。

 

3位:グローバルWiFi|日本国内の空港受け取りもOK

おすすめのポイント

  • ルーターの受取り・返却方法が豊富
  • 空港で返却すれば返送料は必要なし
  • 支払い方法が豊富で、クレジットのほか、コンビニと銀行振込も可能
  • 当日、日本の空港でもレンタル可能

台湾のWiFiレンタルおすすめ第3位は、グローバルWiFiです。

グローバルWiFiの料金は1日670円のため、一見するとそれほど安くないものの、様々なメリットがあり、総合的にはおすすめです。

日本の大手の会社で安心感があり、支払い方法や受け取り&返却方法が豊富なことから、旅行者に強い人気で、特に初心者の方にも人気があります。

自宅での受け取りはもちろんのこと、日本各地の様々な空港での受け取りや返却が可能です。

また、以前は容量別のプランに申し込む必要があったのですが、2019年2月から台湾では試験提供ではあるものの、容量無制限で使えるようになりました。

そのため、試験提供中の期間は、1日670円で容量無制限で使うことができますので、安心して使うことができます。

ただグローバルWiFiの場合、受け取り手数料として500円がかかりますので、そこは注意が必要です。

ただこれも、キャンペーン期間によっては受け取り手数料が無料になったり、レンタル料金が10%オフになるなど、時期によってはお得に利用することもできますので、グローバルWiFiも総合的にコスパの良い、人気WiFiレンタルでおすすめです。

 

台湾WiFiレンタル・おすすめのサービスの表一覧

上でご紹介したkkday、台湾データ、グローバルWiFiの3社の料金や申し込み期限など、情報を改めて表としてまとめておきます。

各社を比較しながら、ご自分のプランに合ったものを選んでみて下さい。

 kkday台湾データグローバルWiFi
会社所在地台湾日本日本
日本語
レンタル料/容量
(1日当たり)
無制限無制限無制限
補助バッテリー1日100円1日200円
受取り方法台湾現地空港宅配
国内4空港
宅配
国内15空港
台湾現地
宅配配送料無料
(1日レンタルの場合のみ540円)
500円
受渡手数料無料無料500円
支払い方法クレジットクレジット
Amazonアカウント
楽天アカウント
クレジット
コンビニ払い
銀行振込
一時保証金クレジットが必要不要不要
申し込み期限2日前
(SIMカードは当日OK)
前日17時~3日前(空港による)受取り方法による

宅配:3日前15時

空港:3日前~当日(空港による)

台湾現地:当日

 

台湾の旅行では美味しいグルメに観光スポットと、楽しみがたくさんあります。

その中でも、『千と千尋の神隠し』の雰囲気が味わえると九份は人気ですが、台北から離れており、行き方が若干複雑なところがあります。

そんな九份の行き方や帰り方については、こちらの記事で写真つきで詳しく解説をしていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

 

まとめ

台湾で使えるWiFiレンタルについて、おすすめの会社をピックアップしてご紹介しました。

台湾ではお店やカフェなどで無料のWiFiがあり、また観光客や住民用に街で使える無料WiFiサービスもあり、現地のWiFi事情は日本よりも発達していると言えます。

ただ、それでも無料WiFiですと電波が繋がる場所が限られており、またセキュリティの面もあり、最低限の使用以外ではあまりおすすめはできません。

今回ご紹介したkkday、台湾データ、グローバルWiFiは、どれもWiFiレンタルで定評のある人気の会社です。

kkdayですと台湾の現地で当日桃園空港で(その他、松山空港や高雄の空港でも)格安でレンタルできますし、台湾データやグローバルWiFiの場合、出発前に日本であらかじめレンタルして行くことができスムーズです。

料金が安いものを基準として選ぶか、それとも支払い方法や受け取り方法が豊富な方が良いか、それぞれご自身の事情に合わせて選んでみて下さい。

[担当:Ameli|編集:運営事務局]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-台湾, 海外旅行・スポット
-, , , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2019 All Rights Reserved.