仁川空港から明洞やソウル駅までのリムジンバスの行き方!料金や時間&時刻表は?

仁川空港から明洞とソウル駅までのリムジンバス

仁川空港からソウル駅や明洞までに行くには、いくつかアクセス方法があります。

そんな中、今回は特に荷物が多い人やできるだけ楽に行きたい方向けに、リムジンバスで行く方法について詳しく解説をしていきます。

仁川空港からのリムジンバスの乗り方については、色々と誤解が多いようで、ネット上では間違った情報も少なくありません

そのため今回、改めてソウル現地で筆者の韓国人の夫とともに、バス会社の職員の方々に直接韓国語で正しい情報について確認しながら、実際に利用した体験談も含めて内容をまとめてみました。

リムジンバスの種類やソウル行き&明洞行きのバス番号バス乗り場の他、時間時刻表、そして注意点についても触れていますので、これから韓国・ソウルに行かれる際には市内へのアクセス方法として、是非参考にしてみて下さい。

ちなみに、できるだけ安く早く行きたい場合は、空港鉄道(電車)で行くのがおすすめですので、電車での行き方についてはこちらの「仁川空港からソウルや明洞までの電車の行き方!鉄道の時刻表や料金・乗り方を解説」を参考にして見て下さい。

 

では、仁川空港からソウルや明洞まで行くリムジンバスについて、まずはリムジンバスのチケットの料金や買い方から見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

仁川空港からソウル駅&明洞までのリムジンバスのチケットの料金と買い方

仁川空港から明洞とソウル駅行きのリムジンバス停留所

リムジンバスの種類

高級リムジンバスと一般リムジンバスの違い

まず、仁川空港からソウル市内まで行くバスで、一般的によく利用されているのは、

  • 高級リムジンバス
  • 一般リムジンバス

の2種類があります。

 

高級リムジンバスと一般リムジンバスの違いは、高級リムジンバスはその名前の通り、座席が広く快適で高級感があり、一般リムジンバスは普通の座席に近いリムジンバスとなっています。

 

まず、こちらが高級リムジンバスの様子です。

座席も広く適度にフカフカ、肘掛けも大きく、足のスペースも広めでゆったりと座れます。

仁川空港から明洞行きの高級リムジンバスのシート

明洞とソウル行きの高級リムジンバスのシート

料金は、一般鉄道(電車)で行く場合と比べると2倍ほどしますが、それでもこの快適さを考えると、かなりおすすめです!

特に大きな荷物がある場合や、明洞など、電車で行く場合に乗り換えが必要な場所であれば、断然リムジンバスが楽でおすすめです。

(ちなみに、高級リムジンバスの中には、他にも大韓航空が運営しているKALリムジンバスという、主要ホテルを周る高級リムジンバスもあります。ただ、そちらはあまり一般的ではないため、ここでは割愛します)

 

そしてこちらは一般リムジンバスです。

普通の市内バスよりは広めに作られていますが、上でご紹介した高級リムジンバスと比べると座席がちょっと硬めです。

長距離だとちょっと疲れて来るところがあります。

韓国一般リムジンバスの座席

明洞とソウル行きの仁川空港リムジンバス

行き先によっては、高級リムジンバスのみ行く地域もあれば、一般リムジンバスのみが行く地域もあります。

それでは、ソウル駅や明洞へ行く場合はどちらのバスが良いのでしょうか?

 

ソウル駅や明洞行きは高級リムジンバスを利用

仁川空港から明洞とソウル行きの高級リムジンバス

ソウル駅行きの場合

ソウル駅行きの場合、高級リムジンバスも一般リムジンバスも行きます。

ただ、一般リムジンバスの方は路線が複雑で、土地勘がないと、どの路線のバスに乗ったら良いのか、またどの停留所で降りたら良いのかわかりずいところがあります。

そのため、旅行者や初心者での場合、ソウルに行くのでも高級リムジンバスを利用するのがおすすめです。

 

ソウル駅に行く高級リムジンバスの番号は、6001番になります(ソウル駅経由で、東大門ファッションタウン行き)。

仁川空港からソウル駅行きの6001番リムジンバス

  • 6001番:仁川空港 ⇔ 東大門ファッションタウン(ソウル駅&明洞経由)

所要時間は道路の状況により左右されるため、一概に言うのは難しいのですが、大体1時間~1時間20分ほどとなっています。

ただ、ソウル特有の事情によって大幅に時間が変わってくる場合もありますので、そちらについてはこの記事の下の方の注意点の解説を参考にしてみて下さい。

 

明洞行きの場合

明洞行きの場合は、一般リムジンバスはなく、高級リムジンバスのみ運行しています。

こちらは、ソウル行きと同じリムジンバス、6001番と6015番のどちらでも行くことができます。

  • 6001番:仁川空港 ⇔ 東大門ファッションタウン(ソウル駅&明洞経由
  • 6015番:仁川空港 ⇔ 明洞(ソウル駅経由)

 

ちなみにネットでは、仁川空港⇔明洞の6015番のバスは一般リムジンバスだと書かれている情報があるようなのですが、韓国でリムジンバスのチケット販売の職員の方と運転手さんにも訊いてみたところ、こちら6015番も高級リムジンバスだそうです。

仁川空港から明洞とソウル行きの6015番リムジンバス

確かに、6015番に実際に乗ってみても、外装も内装は高級リムジンバスでした。

職員の方のお話でも、6001番のバスも6015番のバスも両方とも高級リムジンバスで、どちらにもクラスの差はないとのことでしたので、両方とも高級リムジンバスということで良いようです。

 

また、6015番のバスは明洞が終点だと思われているのですが、実はちょっとした注意点があるため、その辺りの注意点については下の方で解説をしていますので、乗車前にそちらもあわせて参考にしておくと、スムーズに下車できるかと思います。

では、リムジンバスの料金を見てみましょう。

 

仁川空港からソウル駅や明洞までのリムジンバスの料金

仁川空港からソウル駅や明洞までのリムジンバスの料金

仁川空港からソウル駅や明洞までの高級リムジンバスの料金はこちらです。

ソウル駅&明洞までの高級リムジンバスの料金

  • 通常:大人1万5,000ウォン(約1,500円)、子ども1万1,000ウォン(約1,100円)
  • T-money(韓国の交通カード):1万3,000ウォン(約1,300円)

距離的には明洞の方が少し遠いのですが、それでもソウル駅でも明洞でも、料金は同じです。

下で詳しく解説をしていますが、韓国の交通カード・T-moneyを利用する方が割引になりますし、その後の滞在中の移動が楽になりますので、T-moneyの利用がおすすめです。

 

では、仁川空港でのリムジンバスのチケットの買い方を詳しく見ていきましょう。

 

リムジンバスのチケットの買い方

仁川空港からソウルや明洞までのリムジンバスの切符売り場と買い方

仁川空港でリムジンバスのチケットを買う方法一覧

仁川空港からソウルや明洞に行く際、リムジンバスのチケットを買う方法はいくつかあります。

それぞれ、買い方や買える場所、おすすめ度をまとめてみます。

チケット購入方法買える場所支払い方法特記事項おすすめ度
T-money(韓国の交通カード)でバス乗車時に支払い● コンビニのレジ(数が多く便利)
● 自動販売機(少ない)
現金
クレジット
●空港内のコンビニのレジで簡単に買える
● 滞在中、何度も使え便利
● リムジンバスが割引料金に
● 韓国の地下鉄やバスの乗り換えがスムーズ&割引または無料に
★★★★★
リムジンバスが割引料金で乗れ、また便利なため一番おすすめ!
有人のチケットセンター● 空港の到着ロビー内(数カ所あり)
● 空港の到着ロビーを出た外(バス乗り場付近)
現金
クレジット
韓国語と英語の他、簡単な日本語が通じることも多い★★★★☆
無人のチケット自動販売機空港の到着ロビー内
(第1ターミナルの場合、4番出口と5番出口の間にある自動販売機が近くて便利)
クレジットのみ● 日本語表示もあり、慣れている人におすすめ
● 初めての利用の場合、少し画面がわかりずらく感じられる
★★★☆☆
乗車時に支払い乗車時、運転手さんに直接支払い現金のみ● 乗客が多いと慌しい
● ピッタリの現金を用意しておこう
★★☆☆☆

この中で一番のおすすめは、韓国の交通カード・T-moneyを利用する方法です。

仁川空港からソウルまたは明洞までは、上でも触れたように、通常料金は高級リムジンバスが1万5,000ウォン(約1,500円)なのですが、T-moneyを利用して支払うと2,000ウォン(約200円)割引となり、1万3,000ウォン(約1,300円)で乗ることができます。

旅行者の場合、滞在中は何かと地下鉄に乗ることが多いと思いますので、T-moneyを一度買っておけば、あとは好きな時にチャージして使えますので、とてもおすすめです。

 

T-moneyはどこで買うのがおすすめ?

韓国の交通カード・T-moneyは、色々なデザインのものが出ています。

普通のシンプルな絵柄のものから、BTS(防弾少年団)などのK-POPグループのモチーフのもの、LINEフレンズの絵柄のもの、オリジナルの写真を入れられるもの等々、様々です。

韓国のコンビニで買えるBTSのT-money交通カード

空港のコンビニで買えるものは、現在のところ普通にシンプルな絵柄のものかLINEフレンズの絵柄のものになりますので、そういった絵柄で良ければ空港のコンビニで買ってしまって、リムジンバスもT-moneyで決済するのがおすすめです。

 

ちなみに、空港の電車利用の場合、一般電車の改札の入り口付近に自動販売機があります。

仁川空港電車乗り場でのT-money交通カード販売機

そこでは以前はLINEフレンズの絵柄のカードが販売されていたのですが、最近行ったところ、ラインフレンズの人形型のT-moneyと、ホッキョクグマのストラップ型のものに変わっていました!

こんなカワイイT-moneyもあるんですね。普通のカード型のT-moneyよりも価格は高めですが・・・。

  • 仁川空港で買えるラインフレンズのT-money
  • 韓国の電車とバス使える交通カード
  • ストラップ型の韓国T-money

クリックすると写真が大きくなります

ただ、空港鉄道の乗り場とリムジンバスの乗り場はかなり離れているため、リムジンバスを利用するのであれば、到着ロビーの近くのコンビニで普通またはLINEフレンズの絵柄のカードを買うのがおすすめです。

 

もしどうしてもK-POPアイドルのモチーフのT-moneyなど、こだわりのデザインのものが欲しければ、空港ではなくソウル市内の街で買うことになります。

その場合、行きのリムジンバスは現金またはクレジットカードでチケットを買い、市内に着いてからお気に入りのT-moneyカードを買うと良いでしょう!

 

ちなみに、韓国WiFi仁川空港の到着ロビーでレンタルするのがおすすめです!日本のWiFiに比べて断然格安でレンタルできますよ。

ただ、現地で直接レンタルすると品切れになっている場合もありますし、またネットであらかじめ予約をしていくと割引料金や特典も色々とついてくるため、ネットであらかじめ予約していくのがおすすめです。

我が家でも渡韓のたびに使っているWiFiがこちらです ↓

韓国wifiレンタル

 

では、T-moneyは空港でどのくらいチャージしておくのが良いのでしょうか?

 

韓国のT-moneyはどのくらいチャージすればいいの?

韓国は日本よりも地下鉄やバスの料金が安いため、短い旅行であれば、交通費はそれほどかかりません。

リムジンバスに行き帰り乗り、あとは数日間、市内を地下鉄で移動するのであれば、4万ウォン(約4,000円)ほどであればギリギリ大丈夫かと思います。

心配な方は、4万5,000ウォン(約4,500円)ほどチャージしておけば良いでしょう。

 

もし、多めにチャージしてしまい残額がある場合、手数料は500ウォン(約50円)ほどかかりますが、払い戻しもできますので安心です。

コンビニのレジでもできますし、他にも駅のサービスセンターや無人の自動券売機でもできます(残額が3万ウォン以下の場合)。

もし残額が3万ンウォンより多い場合、特定の場所でしか払い戻し手続きができなく面倒なため、チャージする額はあまり多すぎない方がおすすめです。

 

では、続いて仁川空港でリムジンバスに乗る方法について、具体的に見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

仁川空港でのリムジンバスの乗り場と乗り方

仁川空港からソウル駅と明洞行きのリムジンバス乗り場

ソウル駅や明洞行きの高級リムジンバスの乗り場とバス番号

ここでまず簡単に、仁川空港からソウル駅や明洞行きのバスの乗り場や番号をまとめておきます。

バス番号
(高級リムジンバス)
行き先&停留所仁川空港での出口番号
6001番
仁川空港⇔東大門ファッションタウン
(ソウル駅&明洞経由)
第1ターミナル:5(B-2)
第2ターミナル:29
6015番
仁川空港⇔明洞第1ターミナル:5(B)
第2ターミナル:28

ソウル駅に行くにはは6001番明洞に行くには6001番または6015番のどちらのバスでも行くことができます。

 

仁川空港第1ターミナルのリムジンバス乗り場

バス乗り場は、多くの人が利用する第1ターミナルの場合、どちらも5番出口を出てすぐ右側(5Bと5B-2)に隣り合ってありますので、わかりやすいです。

仁川空港第1ターミナルのソウル駅と明洞行きのリムジンバス乗り場地図仁川空港第1ターミナルのソウル駅と明洞行きのリムジンバス乗り場

ちなみに、T-money利用で明洞に行く方は、6001番でも6015番でもどちらでも行けますので、すぐに来たバスや空いている方を選ぶと楽ですよ。

 

仁川空港第2ターミナルのリムジンバス乗り場

第2ターミナルの場合、6015番が28番出口、6001番が29番出口を出たところにあります。

仁川空港から6015リムジンバス乗り場

仁川空港から6001リムジンバス乗り場

仁川空港から明洞リムジンバス停留所・乗り場の地図

 

では続いて、仁川空港からソウルや明洞へのリムジンバスの時刻表や運行時間について見ていきましょう。

 

仁川空港からのソウル駅や明洞へのリムジンバスの時刻表

仁川空港から明洞やソウルへのリムジンバスの時刻表

仁川空港からソウル駅や明洞に行く高級リムジンバスの運行時間(始発&最終)は、下の通りです。

出発地6001番6015番
仁川空港
第1ターミナルから市内へ
平日:5:50~23:05
土日祝:6:10~22:45
平日:5:45~23:15
土日祝:6:05~23:15
仁川空港
第2ターミナルから市内へ
平日:5:30~22:45 
土日祝:5:50~22:45
平日:5:25~22:55
土日祝:5:45~22:55

さらに詳しい時刻表については、こちらの表を参考にして下さい。

ただ、両方とも循環バスのため、道路状況によって仁川空港に戻ってくるバスが遅れると、その分、出発も遅れてしまうことがあります。

6001番(仁川空港➡ソウル駅&明洞)6015番(仁川空港➡明洞)
時間平日土・日・休み平日土・日・休み
5時30, 504045 
6時15, 33, 5715, 35, 5505, 20, 35, 5505, 25, 45
7時18, 35, 5515, 34, 4715, 27, 39, 5105, 25, 42, 52
8時12, 32, 5205, 24, 41, 5403, 16, 29, 42, 5402, 12, 22, 31, 40, 49, 58
9時10, 28, 41, 5812, 28, 41, 5805, 15, 25, 34, 43, 5207, 16, 25, 34, 43, 52
10時15, 28, 4615, 28, 4601, 10, 20, 30, 40, 5001, 10, 20, 30, 40, 50
11時03, 17, 35, 5303, 17, 35, 5300, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
12時07, 24, 38, 5607, 24, 38, 5600, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
13時13, 28, 44, 5813, 28, 44, 5800, 10, 20, 30, 40, 49, 5800, 10, 20, 30, 40, 49, 58
14時16, 34, 5116, 34, 5107, 16, 25, 35, 45, 5507, 16, 25, 35, 45, 55
15時04, 21, 34, 5104, 21, 34, 5105, 15, 25, 36, 47, 5805, 15, 25, 36, 47, 58
16時04, 21, 34, 5204, 21, 34, 5209, 20, 30, 40, 5009, 20, 30, 40, 50
17時04, 22, 41, 5404, 22, 41, 5400, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20 30, 40, 50
18時10, 25, 4310, 25, 4300, 10, 18, 26, 34, 42, 5000, 10, 18, 26, 34, 42, 50
19時00, 18, 31, 4800, 18, 31, 4800, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
20時02, 20, 34, 5402, 20, 34, 5400, 10, 20, 32, 44, 5600, 10, 20, 32, 44, 56
21時10, 30, 4710, 30, 4708, 20, 32, 44, 5608, 20, 32, 44, 56
22時04, 26, 4504, 26, 4508, 20, 35, 5508, 20, 32, 44, 56
23時05051515
6001番(仁川空港➡ソウル駅&明洞)6015番(仁川空港➡明洞)
時間平日土・日・休み平日土・日・休み
5時30, 555525, 4545
6時13, 38, 5915, 35, 5500, 15, 35, 5505, 25, 45
7時15, 36, 5215, 27, 4515, 27, 39, 5105, 22, 32, 42, 52
8時12, 33, 5104, 22, 34, 5209, 22, 34, 45, 5502, 11, 20, 29, 38, 47, 56
9時09, 22, 38, 5609, 22, 38, 5605, 14, 23, 32, 41, 5005, 14, 23, 32, 41, 50
10時09, 27, 44, 5709, 27, 44, 5700, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
11時15, 34, 4715, 34, 4700, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
12時05, 19, 36, 5405, 19, 36, 5400, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
13時08, 25, 38, 5608, 25, 38, 5600, 10, 20, 29, 38, 47, 5600, 10, 20, 29, 38, 47, 56
14時14, 32, 4414, 32, 4405, 15, 25, 35, 45, 5505, 15, 25, 35, 45, 55
15時02, 14, 32, 4402, 14, 32, 4405, 16, 27, 38, 4905, 16, 27, 38, 49
16時02, 14, 33, 4402, 14, 32, 4400, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
17時03, 22, 35, 5103, 22, 35, 5100, 10, 20, 30, 40, 50, 5800, 10, 20, 30, 40, 50, 58
18時06, 23, 40, 5906, 23, 40, 5906, 14, 22, 30, 40, 5006, 14, 22, 30, 40, 50
19時11, 29, 4211, 29, 4200, 10, 20, 30, 40, 5000, 10, 20, 30, 40, 50
20時00, 15, 35, 5000, 15, 35, 5000, 12, 24, 36, 4800, 12, 24, 36, 48
21時11, 27, 4511, 27, 4500, 12, 24, 36, 4800, 12, 24, 36, 48
22時07, 25, 4507, 25, 4500, 15, 35, 5500, 15, 35, 55

朝の始発は5時台からあり、夜の最終は22時~23時までありますので、かなり使いやすいです。

 

最後に、ソウルや明洞行きのリムジンバス利用時の注意点をいくつかまとめておきます。

 

仁川空港からのソウルや明洞へのリムジンバス利用時の注意点

仁川空港でリムジンバス待ちの様子

一般的に、海外では初心者の場合は電車や地下鉄の方が利用しやすく、バスはハードルが高いところがあります。

ですが、韓国の高級リムジンバスの場合、車内アナウンスが韓国語→英語→中国語→日本語の順で流れ、次に停まる停留所とその次に停まる停留所の名前も大きくハッキリと聞こえますので、全く心配する必要はありません。

ソウルで降りる人はソウルで降り、明洞に行きたい人は明洞で降りればOKです。

 

ただ、いくつか注意点もありますので、まとめてみます。

  • ラッシュアワーなどの渋滞に巻き込まれる可能性がある
  • 冬などで雪が降ったり、道路が凍結している場合、または台風の影響などで大渋滞したり、なかなか進まなかったりすることがある
  • 特に休日など、デモや集会などがあると迂回ルートを通る必要があり、通常よりも30分~40分ほど多くかかることも
  • 仁川空港から市内に行く場合はまだ良いものの、特に帰りの市内から仁川空港に行く場合には、飛行機に乗り遅れないよう注意が必要
  • 降りる停留所が近づいたら身支度を始め、着いたらパッと降りられるように準備しておく
  • 車内では飲食禁止

 

道路の渋滞に注意

ソウルではラッシュアワー時には道路が渋滞しやすく、また冬の雪や台風の影響などでなかなか思うようにバスが走れない場合もあります。

韓国ソウルのラッシュアワーでの交通渋滞

また韓国ではデモや集会などもよく開催されますので、そういった日はバスは通常ルートではなく迂回ルートを通る必要があり、かなり遠回りをしなければならないことも珍しくありません。

そのため、場合によっては通常の1時間~1時間20分で着くところ、2時間以上かかってしまうこともあります。

交通渋滞の仁川空港行きのリムジンバスの中

 

仁川空港から市内に行く場合はまだ良いものの(それでも時間のロスは残念ですが)、特に気をつけたいのが市内から仁川空港に行く場合です。

私たちの場合、市内から仁川空港に行く場合、午後の遅い便などで時間に余裕がある場合はリムジンバスを利用することもありますが、大抵は極力電車で行くようにしています。

リムジンバスを利用する場合でも、道路情報や天気予報をあらかじめチェックしておき、その上で万が一のために時間を30分~40分ほど多めに計算して早めに出るようにしています。

 

降りる際はパッと降りられるように

また注意したいのが、降りる際はパッと降りられるように準備しておくことです(それぞれの停留所で停まっている時間は、それほど長くないため)。

そして荷物をバスの下に預けた場合、運転手さんに言って出してもらうようにします。

 

また、6015番の仁川空港 ⇔ 明洞のバスでも、少し注意が必要です。

明洞から仁川空港までのリムジンバス乗り場

このバスは、行き先を見ると明洞が終点のように見えますが、実は明洞は終点であって終点ではないとも言えるのです。

というのも、6015番のリムジンバスはずっと同じルートを循環しています。

そのため、仁川空港発のバスは明洞に着くと、そのまま同じ場所で、すぐに今度は仁川空港行きになります。

 

そのため、一応終点ではあるのですが、明洞に着いたらパッと降りられるようにしておくと、荷物を出してくれる職員の方々も手際よく手伝ってくれますし、次の仁川空港に向かうお客さんたちを待たせることなく、スムーズになります。

明洞から仁川空港までのリムジンバス乗り場

以上のことに注意をしていれば、仁川空港から市内へと行く高級リムジンバスは、運転手さんはみなとても穏やかで感じが良い人が多いですし、座席も広く快適です。

韓国のバスは一般的に、運転が結構荒いことが多いのですが、高級リムジンバスの運転手さんたちはみなとても穏やかなので、最初は驚いたのを覚えています。

安さや速さで言えば空港から出ている一般電車(または直通電車)がおすすめですが、時間的にも余裕があり快適に行きたい場合、高級リムジンバスはとてもコスパが良いと感じていますので、時間がある際、ぜひ一度試してみて下さい。

スポンサーリンク

 

まとめ

仁川空港からソウル駅や明洞までリムジンバスで行く方法についてまとめてみました。

仁川空港からソウル駅や明洞までは、高級リムジンバスの

  • 6001番(仁川空港 ⇔ 東大門ファッションタウン):ソウル駅経由
  • 6015番(仁川空港 ⇔ 明洞):ソウル駅&明洞経由

で行くことができます。

 

乗り場は、

  • 第1ターミナルの場合:5B(6015番)、5B-2(6001番)
  • 第2ターミナルの場合:28番出口(6015番)、29番出口(6001番)

となっています。

 

料金は通常、大人1万5,000ウォン(約1,500円)ですが、T-moneyを購入して乗車時に決済すれば、1万3,000ウォン(約1,300円)で行くことができます。

 

リムジンバスの運行時間(始発&最終)は次の通りです。

出発地6001番6015番
仁川空港
第1ターミナルから市内へ
平日:5:50~23:05
土日祝:6:10~22:45
平日:5:45~23:15
土日祝:6:05~23:15
仁川空港
第2ターミナルから市内へ
平日:5:30~22:45 
土日祝:5:50~22:45
平日:5:25~22:55
土日祝:5:45~22:55

 

車内アナウンスも日本語もあり、大きな声で聞き取りやすいため、次の停留所がソウル駅や明洞となった場合、身支度を始めて降りる準備をしておくのがおすすめです。

リムジンバスは快適な反面、道路の渋滞や天候によって大幅に時間がかかってしまう場合もあるため、その時の状況を見ながら利用すると良いでしょう。

[担当:Ameli|編集:運営事務局]

-海外旅行・スポット, 韓国
-, , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2019 All Rights Reserved.