ハワイ結婚式の服装|両親&親族の正装は?レンタルもOK、ムームーやワンピースも

投稿日:


ハワイで結婚式を挙げられるお2人、そしてご両親、ご親族の皆様、おめでとうございます!

今回は、そんな幸せいっぱいの皆様のハワイ挙式に参列する、両親及び親族の服装についてのお話です。

ハワイは日本と文化も環境も異なります。そんな異国の地での結婚式に、どのような服装で参列すれば良いか、悩むこともあるかと思います。

そこで、実際にハワイで挙式をあげた筆者が、ハワイ挙式に参列する場合の両親や親族の服装はどのようなものなのか、アロハシャツやムームー正装とみなされるのか、ワンピースやスーツ、ズボンなどであればどのようなものを選ぶべきなのか、また衣装をレンタルできる会社はあるのかなどの疑問に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハワイ挙式における両親&親族の服装

ハワイ挙式での親族の服装

ハワイで結婚式を挙げる際、新郎新婦の両親や親族の服装はどのようなものが適しているのでしょうか?

以前に、親族や知人などのハワイでの結婚式に参列したことがあるという方であれば察しはつくかもしれませんが、そういった方はなかなか多くはないでしょう。

そのため、ハワイの結婚式といってもイメージが沸きにくく、多くの両親や親族の皆さんが、ハワイ挙式に招かれた場合に服装に悩むのではないでしょうか。

 

そこで、ハワイで挙式をあげる新郎新婦のご両親や親族の皆さんがハワイ挙式で着用すべき服装についてまとめてみました。

 

ハワイでの正装| アロハシャツやムームーは挙式で着られる?

アロハシャツやムームーと聞くと、常夏の島ハワイでゆったりとリゾート気分を味わうための、ラフな服装のようなイメージがありませんか?

私も初めはそう思っていました。

 

しかし、結婚式をハワイで挙げたときに知ったのですが、カラフルなアロハシャツもムームーも、ハワイではれっきとした正装なのです。

 

アロハシャツとは

ハワイ挙式でのアロハシャツ

アロハシャツ
の起源は、19世紀から20世紀にかけて日本からハワイに渡った移民が持参していた着物をシャツに仕立てたという説、あるいは現地の人々が美しい着物を見てそれをシャツにしてくれと頼んだという説などがあります。

 

いずれにしても、当初は正装としてよりもカジュアルなシャツとして利用されていたようです。

しかし長い時間をかけ、官民をあげてアロハシャツ利用促進に取り組んできた結果、現在ではハワイにおける男性の正装とみなされています。

 

ムームーとは


ムームー
は、ハワイでの女性の正装で、ゆったりとしたワンピース型のドレスのことです。

かつてのハワイでは、女性は上半身裸で過ごしていたのですが、1778年にキャプテン・クックがハワイ諸島を発見した際、この地に渡ってきた宣教師がその裸体を隠すために衣服を着せ、それが現在のムームーの起源と言われています。

 

ちなみにムームー(mu’umu’u)の意味はご存知ですか?

これは、ハワイ語で「短く切る」という意味なのです。

なぜ服装のムームーが「短く切る」という名前となっているのかというと、これもハワイの歴史と関係があります。

 

かつて宣教師などによってヨーロッパから持ち込まれたドレスは、みな袖や裾が長いものでした。

ですが、こういったドレスでは暖かいハワイの気候に合わなかったため、ドレスの袖や裾を短くして気候に合わせて作られたのが現在のムームーの原型となっています。

そこから「短く切る = ムームー」となったと言われれば、納得ですよね。

 

このように、ハワイの歴史とも関係があるアロハシャツやムームーですが、せっかくのハワイ挙式ですから、ハワイで長く親しまれているアロハシャツやムームーで参列してみてはいかがでしょうか?

アロハシャツの色やムームーのデザインなど、日本の挙式ではなかなか遊べない部分で遊ぶことができ、楽しくなりますよ。

ハワイ挙式での両親の服装

ハワイ挙式での家族の服装

筆者のハワイ結婚式時の両親や親族の服装の写真です。みなハワイらしい服装で統一しました

 

この記事の後半では、このようなおすすめのアロハシャツやムームーもご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

では続いて、アロハシャツやムームー以外の正装について見ていきましょう。

その他の正装|ハワイ挙式に適したワンピースやスーツ、ズボンとは?

上ではハワイ特有のアロハシャツやムームーについてご紹介してきました。

とは言っても、ハワイだからといってアロハシャツやムームーしか正装と認められていないわけではありません。

いわゆる日本での結婚式と同じようなフォーマルな衣装を選ぶのでも構いません。

 

ただしその場合でも、せっかくハワイでの挙式なのですから、生地を薄手にしたり、明るい色を取り入れたりと、常夏のリゾート地・ハワイに合ったコーディネートで用意されると、よりハワイらしい結婚式の雰囲気となるため、おすすめです。

 

では、男女別にそれぞれおすすめの服装をまとめてみます。

 

男性の服装おすすめ

男性の場合、スーツを着用するのも一つの方法です。

スーツの場合、新郎と色が重ならないよう、白以外の明るい色の上着やベストを合わせるのがおすすめです。

 

女性の服装おすすめ

女性の場合、ワンピースやサマードレスなどの多少カジュアルな装いでも、ハワイ挙式であれば問題ありません。

明るい色や華やかなものも、ハワイでの結婚式には適しています。

ただし、肌の露出が多すぎるものはNGです。

そのため、服装を選ぶ際には、そもそものデザインとして露出の少ないタイプのものを選ぶか、あるいは羽織もので肌を覆うようにする方が良いでしょう。

 

衣装以外のコーディネートのおすすめ

ハワイの挙式に参列する際には、衣装以外にも気をつけたいところがいくつかあります。

  • バッグ
  • 髪型
  • アクセサリー

について、それぞれ見ていきましょう。

 

男性の場合

男性の場合は、どんなスタイルの挙式でも合う革靴がベターです。

ビーチウェディングであれば、デッキシューズのような歩きやすい靴にしても良いでしょう。ただし、カジュアルすぎるものは避けてください。

また靴下は、リゾートウェディングなので多少色のあるものを選んでもよいと思いますが、フォーマル度の高い挙式であれば、派手な柄は避けましょう。

 

女性の場合

女性の場合はパンプスサンダルミュールから選ぶと良いでしょう。

ただし、教会での挙式の場合、サンダルがNGということもありますので、パンプスが無難です。

一方ビーチウェディングとなると、砂浜を歩くこともありますから、足への負担を考えて低めのヒールやサンダルにしたほうが良さそうです。

ウェッジソールのサンダルなどを選ぶと歩きやすそうですね。

 

バッグ

バッグはどういったものが良いのか迷う方も少なくないかと思います。

結婚式では持ち物はさほど多くないことが普通ですので、クラッチバッグやショルダーバッグなどのコンパクトなものを選ぶ方が良いでしょう。

ご自身の服装に合わせて麻編みを選んでみたり、また手を自由に使えるということでショルダーにしたりと、スタイルに合わせてチョイスしてみると、楽しみや自由度が増えるためおすすめです。

 

髪型

ハワイ結婚式での女性参列者の髪型

ハワイ挙式での女性参列者の髪型

髪型については、男性については特に触れる必要がないかと思いますが、女性の場合はハワイならではの髪形を楽しむこともできます。

せっかくのハワイでの挙式ですから、日本の場合ほどかっちりとはせず、ムームーやサマードレスなどにマッチするナチュラルな髪型がおすすめです。

たとえば、少し髪を緩めに巻いて、南国風のお花のアクセサリーをつけたりするだけでも、ハワイアンスタイルになりますよね。

風が強めのビーチウェディングであれば、特に髪の長い方はアップにすると崩れにくくて良いと思います。

 

アクセサリー

アクセサリーは、全体的に、ハワイらしいコーディネートになるようなものをチョイスしてみてください。

シェルやハイビスカスなど、ビーチリゾートを連想させるようなモチーフは、ハワイ挙式をより盛り上げてくれます。

ハワイ挙式での女性参列者の髪型
こちらは筆者の友人たちですが、このように髪の毛をナチュラルに可愛らしくするのもおすすめです

 

では続いて、筆者のハワイ挙式の際の服装について簡単にご紹介したいと思います。

 

筆者のハワイ挙式の際の服装選び体験談

ハワイ挙式での家族の服装や髪型

私たち夫婦が2015年にハワイで挙式を行った際は、参列者は両親と兄弟姉妹、お互いの友人5名ずつでした(友人の服装については、また別の記事でお話しますね)。

参列者の服装に関してですが、私たちの挙式のときは、両家の両親と兄弟姉妹の衣装は現地調達することにしていました。

 

そのため、私たちと両親、兄弟姉妹で同じ便でハワイ入りし、その日の午後にアラモアナショッピングセンターのアロハシャツ・ムームーのお店でみんなで衣装を選びました。

全くのお揃いではありませんが、全員で調達しに行くことでお互いの衣装を確認しながら選べるため、ちぐはぐな感じになってしまうことがなく、全体的に調和のとれた衣装選びができたのが良かったと感じています。

ハワイ挙式での両親と家族・親戚の服装お揃いの衣装の参列者たち

 

では、ハワイ挙式の際の服装はどうやってそろえれば良いのか、おすすめの調達方法についてご紹介します。

 

ハワイ挙式における両親&親族の服装の調達方法

ハワイ挙式での参列者のドレスレンタル

ハワイの結婚式に参列する両親および親族の服装の調達方法には、主に2通りあり、

  • レンタル
  • 購入

となっています。

 

筆者の両親や親族の場合、上でも触れたように購入を選びましたが、コスパを考えるとレンタルという選択肢も魅力的です。

では、レンタルと購入とで迷っている方のために、それぞれのメリットとデメリットを一緒に見ていきましょう。

 

アロハシャツやムームーのレンタルと購入|メリットとデメリット

アロハシャツやムームーをレンタルまたは購入する場合の、それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

 

アロハシャツやムームーをレンタルする場合

メリット

  • 購入するより費用を安く抑えられる
  • ハワイでのレンタルなら、渡航時の荷物も少なくできる

レンタルのメリットは、何といってもやはりコストが抑えられる点です。

自分自身を含め、周囲にハワイ好きの人が少なければ、アロハシャツやムームーを着る機会は一生のうちそれほど多くはないでしょう。

そのため、結婚式の参列用にアロハシャツやムームーを準備するのであれば、レンタルであれば費用も抑えられ、また余計な衣装を増やさずに済みます。

また、現地でレンタルをするのであれば、衣装の持ち運びをする必要がなく、荷物が減らせるという利点もあります。

 

デメリット

  • 選べる種類が限られており、好みの柄やサイズがない場合がある
  • ハワイでのレンタルの場合、現地で自分に合うものがない場合、急遽改めて衣装探しをする必要も出てくる
  • 手元に衣装が残らないため、使用する都度調達する必要がある

レンタルでの注意点としては、ハワイ現地でレンタルをする場合、自分に合うサイズや好みの柄がないこともあり得る点です。

そうなると、現地で急遽別の方法で衣装を調達する必要が出てきてしまい、最悪の場合には適切な衣装が用意できない・・・なんて事態にもなりかねません。

そのため、そういったことを防ぐためにも、レンタルの場合はできるだけ日本であらかじめ借りて行く方法がおすすめです。

この記事の最後に、おすすめのレンタルショップもご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

続いて、アロハシャツやムームーを購入することのメリットやデメリットを見てみましょう。

スポンサーリンク

 

アロハシャツやムームーを購入する場合

メリット

  • 自分の体型や似合うデザインなどに合わせた服装を、事前にゆっくり選ぶことができる
  • 現地で探す必要がないため、式までの時間を有効に活用できる
  • 次のハワイ旅行の機会にリゾートウェアとしても活用できる

購入の場合、事前に自分に合うサイズやデザインをゆっくり選べ、選択肢が広がります。

また、ハワイによく行かれる方の場合、今後も何度も使えるため、結果的にはレンタルするよりも購入してしまった方が安上がりになります。

 

デメリット

  • レンタルより費用がかかる
  • 日本ではアロハシャツやムームーを取り扱うお店があまり多くなく、衣装探しに時間がかかる可能性がある。

購入のデメリットは、やはり一般的にアロハシャツやムームーを日本で買うとなると費用が高くなってしまう点です。

また、日本でアロハシャツやムームーを取り扱っているお店は数少なく、自分に合うサイズや好みの柄のものを探すのに時間がかかる場合もあります。

ですが、賢く探せば比較的安い料金で素敵なアロハシャツやムームーを日本で買うこともできますので、後述のサイトでの通販などを賢く使ってみて下さい。

 

このように、アロハシャツやムームーをレンタルするにしても購入するにしても、それぞれ一長一短があります。

そのため、ご自身の予算やサイズ・好みなどをふまえて、ご自分に合った方法を選ぶのがおすすめです。

 

では、アロハシャツやムームーをレンタルまたは購入するのにおすすめのショップや会社を見ていきましょう。

 

アロハシャツやムームーのレンタルにおすすめの会社

 

もしアロハシャツやムームーをレンタルすることを希望するのであれば、結婚式の前にあらかじめ日本で探しておくと現地で慌てずに済みますよね。

そんなレンタル派のあなたにおすすめの会社が、「楽天」です。

 

ネットショッピングの世界では聞いたことがない人はいないのでは、というくらいよく耳にする楽天。

品揃えも豊富で、もちろんアロハシャツやムームーを取り扱うショップもあります。

今回は、その中でも値段が良心的で、なおかつ口コミでの評価も高い「ムームーアロハレンタル宅配店」をご紹介します。

こちらのショップでは、リゾートウェディングのゲスト向けにムームーやアロハシャツをレンタルしており、最安で6日間のレンタルが940円からとコスパの大変良いショップです。

 

こちらで取り扱っている商品をいくつかご紹介しましょう。

アロハシャツ

アロハシャツは、6日間までのレンタルでなんと940円(税別)です。

購入であれば数千円から1万円程度はかかるアロハシャツがこの値段でレンタルできるため、費用を大分安く抑えることができます。

 

アロハの色もきれいなスカイブルーとレッド、その他にもイエローやグリーンなどもあり、お好きな色を選ぶことができます。

ここでは、特に人気のスカイブルーとレッドをご紹介します。

 

こちらのサイトでは、口コミのほか、実際に購入した方々のフォトアルバムも見ることができます。

イメージが沸きやすくなるため、ぜひ覗いてみて下さい。

ムームーアロハレンタル宅配店
940円(税別)~

 

ムームー

淡いスカイブルーの生地に真っ白なハイビスカスのプリントが美しいムームーです。

肩のあたりにスナップボタンがついており、フレアスリーブが簡単に取り外せるため、シーンに合わせて2タイプの使い方ができます。

背中はジッパー式になっていて、脱ぎ着しやすいのも特徴です。

6日間までのレンタル2,920円(税別)と、大変手頃です。

>>>  楽天で詳細を見る

 

こちらはビビッドな赤の生地に白の可愛らしいプルメリアがストライプ状に配された、ハワイらしいデザインのムームーです。

前述の商品同様、スナップボタンでスリーブの取り外しができ、背中のジッパーもついています。

お値段も、6日間までのレンタル2,920円(税別)と手頃です。

>>>  楽天で詳細を見る

 

両方とも、お揃いのデザインのアロハシャツがあるので、夫婦揃ってこちらで揃えてしまえば、手間もかからず楽におしゃれなコーディネートができますね。

また、親族の子供も一緒に参列するのであれば、同じデザインのキッズ向けムームーやアロハシャツの用意もありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

またこちらでも、口コミのほか、実際に購入した方々のフォトアルバムも見ることができますよ。

ムームーアロハレンタル宅配店
2,920円(税別)~

 

アロハシャツやムームーの購入におすすめのサイト

「ハワイ挙式にお呼ばれしたのだから、やっぱり自分の衣装をちゃんと揃えたい!」という購入派のあなたには、Amazonがおすすめです。

いわずと知れた、ネットショッピング界の雄ですね。

こちらでムームーやアロハシャツを探せば、実店舗に足を運ばずに済むため便利です。

また、口コミもあるため、実際どうなのか知ることができ助かりますね。

 

メンズのアロハシャツであれば、このようなデザインのものがあります。

こちらはほんの一例ですが、ショップでは、色はなんと15種類も用意されています!

 

リーフやヤシノキなど、ハワイらしいおしゃれなデザインが豊富に揃い、お値段も2,300円からと手頃です。

 

女性用でしたら、例えばこのようなムームーがあります。

 

気候が似ている沖縄生まれのムームーで、赤地に真っ白なハイビスカスが映える一着です。

アクセントのハイビスカスが目を引きますよね。こちらは3,500円です。

 

Amazonなら、Prime会員になることで送料が無料になることもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ 〜服装選びの段階からハワイ気分を楽しんで〜

ハワイの結婚式に参列する両親や親族の服装についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

一見ラフな南国の服装かと思われがちなアロハシャツやムームーは、ハワイ挙式における正装として認められているのですね。

ハワイ挙式では、ハワイらしくアロハシャツやムームーを着て参列するのもおすすめです。

また、それ以外のスーツやフォーマルな服装ももちろん正装ですので、そういった服装で参加するのも一つの方法です。

今回の記事では、そういったフォーマルな服装に相応しいワンピースやシャツ、ズボンなどについての解説のほか、ハワイの結婚式に適した靴やバッグ、髪型、アクセサリーなどのコーディネートについてもご紹介しました

 

また、ハワイの結婚式に参列するのに、アロハシャツやムームーをレンタルするか購入するかで迷われる方もいるかと思いますが、それぞれのメリットとデメリットを考慮し、ご自分に合った方を選んでみて下さいね。

レンタルや購入におすすめのショップや会社もご紹介してありますので、ぜひ賢く選んで好みに合う衣装を見つけて下さい。

 

この記事を参考に、ご両親やご親族の皆さんも衣装選びからハワイ挙式を楽しんでください!

Mahalo!

 

[担当:Mokulele|編集:運営スタッフ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-海外旅行・スポット, ハワイ・オセアニア
-, , ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2018 All Rights Reserved.