韓国wifiレンタル!現地(仁川空港)と日本の安いルーター比較やおすすめは?

更新日:

韓国wifiレンタル 会社比較まとめ

韓国と言えば、グルメやエステ、K-POPなどで人気の旅行先ですが、韓国旅行で必要となってくるのがWiFiです。

韓国のWiFiレンタルと言っても、日本でレンタルして行く方法もあれば、現地の仁川空港などで借りる方法もあり、どちらがお得なのか迷いますよね。

 

そこで今回は、韓国旅行でWiFiをレンタルするのに、日本と韓国とどちらで借りるのがお得なのかいくつかの会社を比較し、ランキング形式でベスト3をピックアップしてまとめてみました。

 

今すぐ韓国WiFiレンタルのランキングベスト3を見たい方は、「日本・韓国のおすすめWiFiレンタル総合ランキング!」へどうぞ!

 

WiFiとは?韓国旅行でWiFiレンタルは必要?

WiFiとは?

wifiとは

海外旅行に行くとなると、WiFiのルーター(「ポケットWiFi」とも呼ばれます)をレンタルする人が多いですが、そもそもWiFiルーターとは何なのでしょうか?

 

WiFiルーターとは簡単に一言でいうと「持ち運びできるインターネット」と考えればわかりやすいかも知れません。

 

旅先でも普段と同じようにスマホなどでネットを使いたいですよね。

 

でも韓国で日本と同じようにスマホを使ってしまうと、日本の通信サービスを海外で使うことになり、莫大な料金がかかってしまいます。

 

そのため、韓国でもリーズナブルな料金でネットが使えるためには、WiFiルーターをレンタルする必要があります。

 

ルーターとはこんな感じのものです。

 

韓国旅行にwifiルータレンタル

日本ではこのルーターのことを「ポケットWiFi」と呼んだりしますが、韓国では「egg」と呼びます。

もともとポケットWiFiが卵のような形だったことから、今でもeggと呼ばれているそうです。

 

韓国旅行でWiFiレンタルは必要?

韓国に旅行に行くにあたって、そもそもWiFiは必要なのでしょうか?

人によっては、できるだけコストを抑えたいと思い、ワイファイをレンタルするのに躊躇している方もいるかも知れません。

 

普段それほどネットを多く使う人でなくとも、不慣れな旅先となるとやはりWiFiがあった方が便利ですし安心です。

 

例えば、旅先ではよくこんなことが起こったりします。

予想外のトラブル

  • 夕食をとろうとガイドブックに載っているお店に行ってみたけど、閉店していた!
  • 地図の通りに歩いているのに、なぜか変なところに迷い込んでしまった

調べもの

  • コスメなど、現地の値段と日本の値段を現地で調べたい
  • 現地で帰りの飛行機のターミナルが何ターミナルだったのかわからない
  • 予定を変更して別の場所に行きたくなったけれど、あらかじめ調べていないのでどこに行ったらいいのかわからない

人と連絡が必要

  • 現地で友人と待ち合わせをしたけれど、遅くなりそうなので連絡したい
  • 一緒に旅行に行った仲間と途中で個別行動をして、その後合流する予定だったのに、なぜかお互い見つけられない

こういった困った状況でも、現地でWiFiがあればすぐに対処できますので、やはりWiFiはあると助かりますし安心感が違います

 

WiFiをレンタルするとその分コストがかかってはしまいますが、現地でやみくもに足を運んで探し回る労力と時間を考えると、結果的には安いと感じます。

そのため、私は「便利・安心代」だと考えて、旅先ではいつもWiFiをレンタルしています。

 

またネットのおかげで時間も節約できるので、その分、他のアクティビティや観光などに回せ、現地でより有意義に時間を使うことができます。

 

WiFiレンタルで必要な容量はどのくらい?

プランによって容量は様々

WiFiをレンタルするには、1日当たり使える容量がプランによって異なっています。

こちらはWiFiレンタル会社の料金を比較したものですが、プランによって「250MB」とか「300MB」、「無制限」などと書かれていますね。

韓国wifiレンタル 容量比較

とは言っても、250MBとか500MBとか1Gなど言われても「どのくらいの容量なのかわからない」「自分がどれくらい必要なのかわからない」という方もいるでしょう。

容量別にできること

そんな方は、こちらに250MBと500MB、1Gで何が出来るのかを簡単にまとめていますので、こちらを目安に考えてみてください(機種や使用環境によっても変わって来ますので、大体の目安として見てみてください)

 250MB500MB1G
ウェブサイト閲覧約1000回約2400回約4000回
Google Mapで調べる約67回約135回約270回
メール送信約500通約1000通約2000通
LINEメッセージ約12万5000回約25万回約50万回
LINE無料音声通話約10時間約20時間約40時間
スカイプ音声通話約1時間15分約2時間半約5時間
YouTube(HD/高画質)約2分約4分約8分
Instagram写真投稿約10回約20回約40回

こうして見てみると、容量によってできる内容が結構違っているのがわかりますね。

 

容量を超える速度が遅くなる!

レンタルしたプランの1日の使用容量を超えてしまうと、そこで速度制限がかかってしまいます。

そうなると、ちょっとした検索をするのにもかなりの時間がかかってしまい、普通にまた通常の速度で使えるようになるには、次の日まで待たないとなりません。

 

容量が小さければ料金は安い?

大抵の場合、低い容量であればあるほど料金は安くなっています。

そのため、コストを節約するためには、できるだけ自分が本当に必要な容量のプランを選ぶのがコツです。

 

ですが中には例外もあり、会社によっては容量無制限プランが安く提供されているものもありますので、そういったプランを選ぶとお得に使えます。

 

では続いて、韓国で使えるWiFiのレンタルはどこでできるのか、見て行きましょう。

 

韓国旅行でWiFiをレンタルする方法

WiFiをレンタルするには、

  • 日本であらかじめレンタル
  • 韓国の現地で当日レンタル

の2つの方法があります。

 

韓国旅行で使えるWiFiを日本であらかじめレンタルして行くのと、現地の韓国で借りるのとではどちらがいいのでしょうか?

 

日本で借りて行く場合と、当日韓国で現地で借りる場合では、それぞれメリットデメリットがありますので、それぞれ詳しく見て行きましょう。

 

日本で借りる場合

日本でWiFiをレンタルして行くと、様々な点でメリットがあります。

下で触れる通り、少しデメリットもあるのですが、全般的にはメリットの方が多いです。

 

例えばこんな風に感じる場合は、日本でのレンタルが向いています。

 

若い女性キャラクター

日本語で手続きしたいし、現地でも日本語サービスの方が何かあったときに安心!

 

男性キャラクター 悩む

なるべくレジットは使いたくないな・・・

 

若い男の子キャラクター

現地でバタバタしたくないな。前もってレンタルして行った方が気持ち的に楽!

 

それでは、日本でWiFiをレンタルして行くメリットにはどんなものがあるのか、見てみましょう。

日本でレンタルするメリット

安心感

  • 旅行に行く前にあらかじめレンタルできるので安心!
  • 手続きが日本語なのでスムーズ
  • 時間をかけて、ゆっくり自分にあったプランを選べる
  • 現地でレンタル機器に不具合やトラブルがあった場合でも、日本語でサポートが受けられ、心強い

色々選べる

  • 受取り方法が色々と選べて便利
  • 自分に必要な容量のプランから選べる
  • クレジットカードだけでなく、現金でコンビニ払いや銀行振込もできる会社もある
  • 返却は郵送(宅配)や空港でもできる(会社による)

日本でレンタルするデメリット

料金面

  • 使い放題型の無制限プランの場合、ほとんどの会社は韓国よりも料金設定が高め
  • 付属品一つ一つに追加料金がかかることも

こうして見てみると、日本のレンタルだと安心感や選択肢が豊富でメリットが多く、デメリットと言えば、全般的に韓国で借りるよりも料金が少し高めになってしまう点くらいです。

 

この記事の下の方で、日本と韓国のWiFiレンタル会社総合ランキング(1位~5位)を紹介していますが、ひとまず日本のWiFiレンタル会社の料金やサービス内容の比較・おすすめの会社を先に見てみたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

WiFiレンタルで自分に合ったプランを選ぶために、「これだけは押さえておくべきポイント」というものも説明しています。


では続いて、韓国の現地で借りる場合のメリットとデメリットについて見て行きましょう。

 

韓国の現地で借りる場合

言葉の問題などを考えると、日本でレンタルして行くのがおすすめな場合が多いものの、現地の韓国で借りる方が向いているケースもあります。

 

例えば

 

若い男性キャラクター

韓国語は自信ないけど、英語なら少しは何とかなりそう

 

女性キャラクター

日本語で何とか申し込みさえできれば、できるだけ安い方がいい

 

女性キャラクター イラスト

とにかく安くレンタルしたい!

 

といった場合です。

 

韓国でWiFiをレンタルする場合も、メリットとデメリットがあります。

韓国でレンタルするメリット

料金面

  • 基本的に料金が安め(1日約380円~)で、データ使用量無制限
  • 会社によっては、付属品が色々無料でついている

日本語でも予約可能

  • 会社によっては、日本語で事前予約ができる
  • 当日、現地で日本語ができる店員さんがいる場合もある
  • 仁川空港では韓国語だけでなく、英語でコミュニケーションが可能

現地空港で当日レンタルできる

  • 当日、仁川空港で借りることができる
  • 返却は仁川空港でカウンターに戻せばOK

韓国でレンタルするデメリット

言葉の面

  • 日本語ができる店員さんがいない場合、現地では韓国語か英語で手続きをしなければならない
  • 万が一、WiFi機器に不具合やトラブルがあった場合、韓国語か英語でやり取りしなければならない

事前予約なしの当日レンタル

  • 事前予約をしていない場合、現地の空港でバタバタしがち
  • 韓国の旅行シーズンなどには、品薄となっている場合がある

支払い面

  • 支払いはクレジット払いのみ
  • 会社によっては保証金として、クレジットカードで約1万円が担保とされ、契約時に一括払いが必要(ただし、返却時に戻される)ため、人によっては抵抗感があることも

このように、韓国でWiFiをレンタルすると料金は安めですが、言葉の問題や保証金、支払い方法がクレジットしかないなど、色々と制約があります。

 

韓国のレンタル会社もいくつかありますが、その中で料金やサービス内容が良く、現地で利用しやすかった2社をピックアップしてみました。

 ワイドモバイル(WiFi弁当)
ワールドローミング
レンタル料/容量
(1日当たり)
3,800ウォン/無制限
(約380円)
(6日目以降は1日約230円
4,400ウォン/無制限
(約440円)
補助バッテリー
(1日当たり)
550ウォン
(約55円)
無料
SIMカード
受取り・返却方法空港カウンター空港カウンター
支払い方法クレジットカードクレジットカード
保証金10万ウォン
(約1万円)
10万ウォン
(約1万円)
日本語できるスタッフがいる場合もあり
事前予約
(日本語OK)

(韓国語のみ)

この2社のうち、ワイドモバイル(WiFi弁当)は、事前にネットから日本語で予約できるところが強みです。

また、当サイト特別提携価格により、通常料金よりも15%安い380円でレンタルすることができます。

 

そのため、日本語で格安にWiFiをレンタルすることができます。

 

一方、ワールドローミングの方は補助バッテリーが無料でついて来るため、バッテリーのレンタルをしたくない方に向いています。

また、WiFiのルーターだけでなく、SIMカードを買うこともできます。

 

韓国の仁川空港や他の現地空港でWiFiをレンタルする方法について、詳しい方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

ここでご紹介したワイドモバイルとワールドローミングの受取りや返却場所、その他にもWiFiルーターとSIMカードの違いについても解説しています。


少しだけWiFiを使いたい場合

「WiFiはあれば便利だけれど、レンタルまでする必要はない」という方は、韓国現地のコンビニで現金で買えるプリペイド式のWiFi無料スポットを利用する方法もあります。

 

セキュリティ面での不安や電波が途切れたりといったことも起こりやすく、あまりおすすめではないのですが、短時間だけWiFiを使いたい方には便利だと言えます。

 

こちらの記事でプリペイド式WiFiの買い方や使い方、その他韓国の無料WiFiを利用する方法について、詳しく説明してあります。


続いて、日本と韓国のWiFiレンタル会社の中から、おすすめの会社を見て行きましょう。

 

日本・韓国のおすすめWiFiレンタル総合ランキング!

韓国で使えるWiFiレンタル会社は日本にも韓国にもたくさんありますが、名前が何となく似ているものも少なくなく、どれが良いのか迷ってしまうことがよくあります。

 

そこで、数多くの会社の中から、料金やサービス内容、使いやすさなどを基準に、日本と韓国のWiFiレンタル会社おすすめ総合ランキング5位をまとめてみました。

 

[こちらのランキングは2018年7月13日時点のものです。今後、料金やサービス内容の変更などにより、順位が変わる場合もあります。]

 

では、1位から見てみましょう。

 

韓国WiFiレンタルおすすめ1位:韓国DATA(グローバルモバイル)【日本】

韓国wifiレンタルのおすすめ会社

出典:韓国WiFiレンタル・韓国DATA

 

おすすめの理由

  • 日本であらかじめレンタルでき、日本語で手続きもすべてOK
  • 容量無制限で1日590円と、日本でレンタルできるWiFi会社の中では格安
  • 回線は現地の大手通信会社の回線を利用しているため、スピードが速く、安定している
  • 往復配送料や受渡手数料がなく、余計なコストがかからない

この韓国DATAの場合、容量無制限なのに料金が安く、また余計なコストもかからない上に、日本語ですべてできるので安心感があります。

カスタマーセンターの対応も非常に親切で、日本にある会社さながらのきめ細かなサービスがありがたいところです。

韓国で使えるWiFiを検討している方に、広くおすすめの会社です。

公式サイト韓国WiFiレンタル・韓国DATA

 

 

韓国WiFiレンタルおすすめ2位:ワイドモバイル(WiFi弁当)【韓国】

韓国wifiレンタル現地おすすめ会社

韓国WiFiレンタル会社・ワイドモバイル(WiFi Take-Out)

おすすめの理由

  • 韓国のWiFiレンタル会社でありながら、日本語でネットで事前に予約ができる
  • 日本の会社に比べ、料金がダントツ安い(容量無制限で1日約450円当サイト特別提携価格により15%オフ380円
  • 現地の韓国の人たちに人気の会社で利用者が多いため、回線が整備されており、スピードが速く、安定している

このワイドモバイルは料金的には一番安い部類なのですが、韓国のWiFi会社の回線の場合、容量無制限プランでも実質的には1GBほどするとスピードが遅くなる傾向があります。

そのため、実際は1GBプラン(+ α)と考えた方が無難だと言えますが、それでも日本の会社と比べるとはるかに格安です。

 

また、韓国のWiFiレンタル会社に特有で、クレジットカード払いで約1万円の保証金がかかりますが、これはWiFi機器の返却時に戻されますので大丈夫です。

 

公式サイトワイドモバイル(WiFi弁当)

 

 

韓国WiFiレンタルおすすめ3位:jetfi【日本】

 

海外WiFiレンタル・jetfi
 

おすすめの理由

  • 日本であらかじめレンタルでき、日本語で手続きもすべてOK
  • 日本のレンタル会社の中では、低容量のプランが格安で利用できる
  • 機器に大容量の補助バッテリーが内臓されているため、持続時間が普通より長い(約15時間)
  • WiFiの受取り方法が豊富(宅配、国内空港、コンビニ、郵便局)

低容量(350MB~500MB)でも十分な人にとっては、このjetfiは日本の会社でありながら料金が低め(380円~480円)なのが魅力です。

 

また、通常はWiFiルーターのバッテリーが切れたときのために、補助バッテリーを別途レンタルするか自分で用意する必要があります。

ですが、jetfiの機器には補助バッテリーがすでに内臓されていますので、荷物もかさばらず、また補助バッテリーのレンタル代も省けます。

 

公式サイトjetfi

 

韓国WiFiレンタルおすすめ4位:グローバルWiFi【日本】

グローバルWiFi
 

おすすめの理由

  • 日本であらかじめレンタルでき、日本語で手続きもすべてOK
  • 受取り方法がとても豊富(宅配、国内オフィス、国内空港15か所、韓国現地7か所)
  • 在庫があれば、当日、日本の空港でもレンタルできる
  • クレジットなしでも、現金でコンビニ払いや銀行振込で支払いができる

グローバルWiFiは、残念なところが料金が高めなのと、配送料・受渡手数料がかかってしまうことです。

 

ですが、受取り方法も支払い方法も選べる内容が多く、またイザとなった時に当日に出発空港でもレンタルできるところがユニークな点です。

クレジットカードなしでもレンタルできるため、現金派の方たちにとっては助かりますね。

 

大手の会社で、サービス面では最強と言えるでしょう。

 

公式サイトグローバルWiFi

 

韓国WiFiレンタルおすすめ5位:ワールドローミング【韓国】

韓国wifirレンタル 仁川空港の会社ワールドローミング

おすすめの理由

  • レンタル料金が容量無制限で1日440円と日本の会社に比べて格安
  • 回線は現地の大手通信会社の回線を利用しているため、スピードが速く、安定している
  • 補助バッテリーが無料でついてくる

ワールドローミングは残念ながら日本語での対応はできないのですが、料金も格安で、その上補助バッテリーが無料でついてくるため、コストを抑えたい方におすすめです。

 

上の3位のところでご紹介したワイドモバイル(WiFi弁当)のところでも触れましたが、このワールドローミングも韓国のWiFi会社のため、容量無制限プランでも実質的には1GBほどするとスピードが遅くなる傾向があります。

そのため、実際は1GBプラン(+ α)と考えた方が無難だと言えますが、それでも日本の会社と比べるとはるかに格安です。

 

以前は私自身もよく利用していましたが、店員さんたちもとても丁寧ですし、電波の途切れなどもなくスムーズで満足でした(最近は上のような競合会社が出てきたため、他の会社を利用することもあります)。

 

公式サイト:ワールドローミング

 

 

日本と韓国のWiFiレンタルおすすめ5社比較表

最後に、上でご紹介したおすすめの日本と韓国のWiFiレンタル会社5社を表にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

 韓国DATA(グローバルモバイル)jetfiワイドモバイル(WiFi弁当)
グローバルWiFiワールドローミング
会社所在地日本日本韓国日本韓国
日本語
日本語で予約可能
現地では日本語スタッフがいる場合も

韓国語、英語
レンタル料/容量
(1日当たり)
590円/無制限380円/350MB
480円/500MB
980円/1GB
3,800ウォン/無制限
(約380円)
670円/250MB
970円/500MB
1,170円/1GB
4,400ウォン/無制限
(約440円)
補助バッテリー1日100円なし(不要)550ウォン
(約55円)
1日200円無料
受取り方法宅配
国内4空港
宅配
国内3空港
コンビニ
郵便局
韓国現地空港宅配
国内15空港
オフィス
韓国現地
韓国現地空港
宅配配送料無料
(1日レンタルの場合のみ540円)
600円500円
受渡手数料無料無料無料500円無料
支払い方法クレジット
Amazonアカウント
楽天アカウント
クレジットクレジットクレジット
コンビニ払い
銀行振込
クレジット
一時保証金不要不要10万ウォン
(約1万円)
不要10万ウォン
(約1万円)
申し込み期限前日17時~3日前(空港による)受取り方法による

宅配・コンビニ・
郵便局:2日前~12日前
午前(地域による)

空港:2日前午前

空港コンビニ・
郵便局:3日前24時
当日レンタルOK

事前予約も可能(日本語OK)
当日レンタルOK

事前予約も可能(韓国語のみ)
[こちらの表の内容は2018年7月13日時点の内容に基づいています。今後料金やサービス内容に変更がある場合もありますので、ご了承ください]

 

まとめ

韓国で使えるWiFiレンタルの方法は2つあり、

  • 日本であらかじめレンタル
  • 韓国の空港でレンタル

の両方があります。

 

 

日本でのWiFiレンタルがおすすめなケース

  • 日本語で手続きやサポートを受けたい
  • あらかじめレンタルしておいて、気持ちに余裕が欲しい
  • 色々な受取り方法があった方がいい
  • クレジットだけでなく、コンビニ払いや銀行振込がいい
  • 韓国でクレジットを使いたくない、または手続きが不安
  • 現地で在庫がなく借りられないと困る

韓国現地会社のWiFiレンタルがおすすめなケース

  • 容量無制限のプランをとにかく一番安く使いたい
  • 申込みが日本語でできさえすれば、安い方がいい
  • 韓国語や英語でのコミュニケーションは可能
  • クレジット払いでもOK

となります。

 

 

日本・韓国のおすすめWiFiレンタル会社

  1. 韓国DATA(グローバルモバイル)/日本
  2. jetfi /日本
  3. ワイドモバイル(WiFi Take-Out)/韓国
  4. グローバルWiFi/日本
  5. ワールドローミング /韓国

となっていますので、この中から自分に合ったプランやサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

 

[執筆者:Ameli]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-アジア, 海外旅行・スポット
-, ,

Copyright© QlaDoor<クラドーア> , 2018 All Rights Reserved.